東カレ太鼓判!絶対に外さない手土産 Vol.17

もらえばアガること間違いなし!『銀座千疋屋』の春限定いちごスイーツ

パッケージを見ただけで気分がアガる手みやげの代表格『銀座千疋屋』。

お世話になっている先輩への手みやげや、仕事相手への差し入れに、見た目はもちろん味も折り紙つきの『銀座千疋屋』のフルーツを使用した春限定スイーツをご紹介しよう!

いちごのブランマンジェ(¥432)

さわやかな甘さ、春だけの限定「いちごのブランマンジェ」


千疋屋といえば日本橋が本店の『千疋屋総本店』と、そこからのれん分けした『京橋千疋屋』と『銀座千疋屋』の3つがある。この3店の中ではいちばん新しいのが銀座千疋屋だが、それでも120年の歴史をもつ老舗だ。

いずれも扱うフルーツの質の高さに定評があるが、私が仕事で悩んだときの相談相手、編集者の大先輩は『銀座千疋屋』一辺倒。いわく、「パッケージも贈り物のうち。味も上品で一番好き」だそう。「フルーツパーラーというものは銀座千疋屋がはじめたのよ」なんて豆知識も教えてくれたりする。

春のお楽しみは「いちごのブランマンジェ」。生クリームをたっぷりと使ったひんやりぷるぷるのブランマンジェは、少しずつ気温が上がってくるこの季節にぴったり。

上に美しく並んだいちごは栃木産のとちおとめを使用。しっかりとした甘みと酸味があり、ブランマンジェとともに口に運ぶとすっきりとした味わいが広がり、ついもう一口、と食べ進んでしまう。4月末頃までの期間限定、春の味だ。

フルーツサンド(¥1,080)

新鮮な果実とクリームのハーモニーが絶妙!「フルーツサンド」

いっぽう、一年を通じて購入できるのが、最近またにわかに注目を集めている「フルーツサンド」。いちご、メロン、りんご、黄桃、栗の甘露煮を刻んだものがバランスよくサンドされている。これも『銀座千疋屋』では定番商品だ。

りんごスライスのシャキシャキとした食感がほかのフルーツサンドではなかなか味わえないさわやかさを醸し出す。フルーツはその時々によって、もっともサンドに合う産地のものを千疋屋クウォリティで厳選。

生クリームは、フルーツの甘みを引き立たせ、なおかつサンドウィッチとして食べやすいように甘さを控えめにした味わいのものをたっぷりと。いつ食べても新鮮なおいしさに感動する、永遠のベストワン・フルーツサンドだ。

【東カレ太鼓判!絶対に外さない手土産】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ