何の時計を買えばいいのかサッパリな貴方へ伝授!シーン別ドレスウォッチの鉄板チョイス

腕時計、いつも同じものにしていませんか?実は意外と相手から見られているもの。とくに一部の女性から見ると、男性の絶対領域らしく、セクシーポイントなんだとか。できる大人であれば、お店の雰囲気に合わせて使い分けたいもの。

といことで今回は、シーン別ドレスウォッチの鉄板チョイスを考えてみた。フレンチレストランでの接待シーン、鮨店でのデート、暗いバーで夜遊び、周りが一目置くのはこんな腕時計!

scene1:フレンチレストランで接待

たとえば、フレンチレストランでの接待シーン。デキるビジネスマンとして、選ぶべきは、誠実さを印象づける“ホワイトゴールド×黒ベルト”だ。

時計¥¥3,321,000〈ピアジェ/ピアジェ アルティプラノ〉、スーツ¥480,000〈チェザーレ アットリーニ〉、シャツ¥24,000、タイ¥18,000〈ともにエムピーマッシモ ピオンボ/すべてトゥモローランド〉、チーフ私物

ナイフとフォークとを両手で操るフレンチレストランでの接待では、左腕にある時計も相手の目に長くさらされる。それだけに時計への気配りは、ファッション同様に重要だ。

ダークスーツに、ワイシャツは無地のホワイトという控えめで誠実さをアピールするファッションには薄くシンプルなドレスウォッチ、それもホワイトゴールドのケースに黒いストラップの組み合わせがふさわしい。

ピンクやイエローの色つきゴールドは、お洒落ではあるけれど、やや時計が目立ち過ぎる。黒い靴がよりフォーマルなのと同じで、時計のストラップもダークスーツには黒を選ぶのが正解。

さらにここにあげた3本は、日付表示やアラビア数字に個性を感じさせ、ドレッシィだけに偏らず、それがまた誠実さをアピールする。

パテック フィリップ
カラトラバ Ref.5227

時・分・秒針をセンターに置き、3時位置には日付表示を配置。オーソドックスなデザインだが、エナメルのようなしっとりとしたアイボリーのダイヤルなど、外装は上質さを極める。

白眉はケースの裏蓋。開閉式になっていて、開けると入念に仕上げたムーブメントが姿を現す。精密な造作が、スイス最高峰と称賛されるゆえん。

18KWG、径39mm、自動巻き、アリゲーターストラップ。

ピアジェ
ピアジェ アルティプラノ

ムーブメント厚3.0mm は、自動巻き+スモールセコンド+日付表示の組み合わせでは、世界最薄。ピアジェが得意とするマイクロローターによる自動巻きが、薄さを適えた。

ダイヤル中央には段差を設け、薄くても立体的な表情が与えられている。スモールセコンドを5時位置に置き、さり気ない個性を発揮。日付表示付きは、ビジネスウォッチとしても実用性が高い。

18KWG、径40mm、自動巻き、アリゲーターストラップ。¥3,321,000

ショパール
L.U.C XP

ジュエリーでも名を馳せるが、本職は時計。このモデルも、マイクロローターを採用した自社製の薄型自動巻きを搭載する。表示は時分針のみで、シンプルを極める。

機構的にはドレスウォッチの王道。しかし4つのアラビア数字によって、過度にフォーマルに陥らず、日常使いしやすいデザインに整えられた。グレーのダイヤルは、サンレイ仕上げで表情が豊かだ。

18KWG、径39.5mm、自動巻き、アリゲーターストラップ。¥1,680,000

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ