カフェと間違える客が多数!?世田谷で見つけたお洒落すぎる精肉店

お洒落なカフェ?いえいえ、こちらは用賀にある精肉店の内観。対面式の昔ながらの精肉店のよさはそのままに、いまどきのお洒落な空間で美しく陳列された肉の塊を眺めることができる。天性の感覚で切るミートコンシェルジュの肉捌きも必見だ

ありそうでなかった!?次世代型の精肉店は押さておきたい!『TOKYOCOWBOY』

昨年11月、上用賀の閑静な住宅街にコーヒーショップのようなこなれた外観の店が突如出現し、近所の住民たちを驚かせた。足を踏み入れるまで何屋とわからないその店は、なんと精肉店!

産地やブランドではなく本来の味にこだわり、熟成を必要としない完成度の高い厳選した雌牛の黒毛和牛を扱う、肉のセレクトショップのようなスタイルが斬新で話題だ。

テイクアウトしてすぐ食べられる自家製ローストビーフ(100g¥1,200~)も好評。赤身からサシまで常時2〜3種あり

海外の飲食事情に詳しいオーナー上野氏が「いままでにない発想とコンセプトで新しい食ライフスタイルを提案したい!」との想いで、精肉界の専門家とタッグを組み、新風を吹かせることに挑む。

肉の目利きであるミートコンシェルジュが常駐し、料理に合う肉や部位の紹介や最適なグラム数の相談をしながら、肉をその場でカットしてもらうシステム。ここで出合ってしまった最高の部位は、潔くブロック買いがオススメ。

地元のスーパーで見慣れた肉パックとは雲泥の違い! 独自の基準で厳選したハイクラスの黒毛和牛のイチボ、ランプ、サーロイン、シンシンなど、夢のような極上部位計1.5kg(約3万円)が詰まっている。ちょっとしたギフトとしてもサマになる、こなれたお洒落さがいいのだ!

ボトルキープのようにブロック肉を「MEAT KEEP」できる、日本初の独自サービスを展開してるからだ。真空保存し鮮度が保たれた自分の肉を、都度来店しカットしてもらうのもよし、一部をギフトとして配送するもよし、自分なりの肉との新しい付き合い方が楽しめる。

シアワセな気持ちがする美味しい肉を日常に取り入れて、スペシャルな肉ライフをはじめてみては?

『TOKYOCOWBOY』
● 世田谷区上用賀1-10-16
TEL 03-6805-6933
10:00 ~ 18:00 水休


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ