中目黒に2/9開店!産直の新鮮な『ジビエ焼肉専門店』を堪能しよう!

『宇田川カフェ』を手がける会社が、本日2/9(火)よりジビエ焼肉専門店『焼山』を中目黒にオープンさせた。こちらでは、自社工場より配送される産地直送の新鮮ジビエ肉を、シンプルに香味野菜と共に炭火で楽しむことができるのだ!

香りが強く、クセのあるイメージを抱かれやすいジビエだが、産地直送で鮮度抜群といえば話は別。今まで距離を置いてしまっていた人も、肉そのものの旨みを、ぜひ味わってみてはいかが?

“山の幸”を焼いていただく店という意味で『焼山』という名前が付けられた。

希少なジビエの専門店、中目黒にオープン!

渋谷カフェブームの火付け役『宇田川カフェ』をはじめ、様々な飲食業態を展開するグループの新店舗は、ジビエ専門炭火焼肉店『焼山』。場所は中目黒、本日2/9(火)よりオープンだ!

ジビエとは、フランス語で“狩猟”によって捕獲された、野生鳥獣(シカやイノシシ)の食肉のこと。『焼山』では、日本でも万葉の昔より続く伝統“狩猟”によって捕獲された、野生鳥獣の食肉の旨味を存分に堪能できる。ジビエ肉には最適な焼き方である七輪の炭火で、楽しく焼いていただこう♪

炭火焼きでいただく、希少で、新鮮な肉。

都会では味わえないレアな食材たちを産地直送で♪

一般的には入手困難で供給が安定しない高価な食材を、大分県・湯布院に設立される自社工場『九州狩猟肉加工センター』より、産地直送で独自に仕入れを行う。そのため、品質の良い食肉が適正価格で提供されるのだ!

故に、流通の関係で市場に出回ることの少ない、鳥獣食肉の希少部位まで楽しむことができる。ジビエ好きにはたまらない店となりそうだ。

豊富すぎる食材たち。そして楽しみは、肉だけではない。

~用意される食材をご紹介~

・鹿(シカ)
・猪(イノシシ)
・兎(ウサギ)
・馬(ウマ)
・山鳩(ヤマバト)
・鴨(カモ)
・雉(キジ)
・鴉(カラス)
・鵯(ヒヨドリ)
・鶉(ウズラ)
・狸(タヌキ)
・ハクビシン
・アライグマ
・駝鳥(ダチョウ)
他、その時期特に美味しい食材。

更に、お肉の味を引き立てる「香味野菜」にもこだわりが!パクチー・クレソン他に、セリ、三つ葉など、その他一品料理も多種多様に取り揃えられている。

ジビエに対する前向きな取り組み

ジビエ食材として使用する鳥獣。それらによる農作被害が相次ぐ九州などの山林地域に対し、“食肉の安定した需要をつくることにより、課題解決が出来るのでは?”と考えられた。

そこで、クラウドファンディングを活用して、昨年7月に、日本唯一の穴熊(ムジナ)の会員制すき焼き専門店『むじなや(渋谷・神泉)』をオープンさせた。こちらでは、穴熊(ムジナ)すき焼き、鹿のタタキ、鹿のつみれ汁、猪の味噌煮込み、などがコースで提供される。

こうした取組みにより、新店オープンとなったジビエ専門店『焼山』。希少な食材を、産地直送で!古来より伝わる、日本の”山の食文化”を存分に堪能しよう!

さらに、3月には大分市内にもジビエ専門店もオープン。春には大分県湯布院にて、自社工場『九州狩猟肉加工センター』の本格開業。新たなことに次々チャレンジする『ジビエプロジェクト』に目が離せない!

■店舗概要

店舗名:炭火焼ジビエ『焼山』
オープン:2/9(火)
住所:目黒区上目黒2-44-24 2F
営業時間:17:30~26:00
電話番号:03-6412-7417
URL:http://www.yakiyama.com


LINE@、始めました。不定期で東カレWEB最新情報をお届けします!LINE@オリジナルコンテンツもあるかも?

友だち追加数


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ