そこが1位か!? 2015年の都内新築物件人気エリアランキング

住宅・不動産サイトの「O-uccino」が、2015年1月1日から12月31日のアクセス数をもとに、「2015年人気の高かった市区町村ランキング」を作成した。

新築マンション編・新築一戸建て編の2つを集計し、それぞれの街の特徴をご紹介しよう。

2015年人気の高かった市区町村ランキング

交通の利便性がよいこと、スーパーや商店街、病院などが充実した生活の便利さ。はたまた、ひとりで住むのか、恋人や夫婦と住むのか、子供がいるかどうかなど。様々なシーンによって変化するであろう、住みたい街。

今回は、“新築”に的を絞り集計。マンションと一戸建てでも、違いがあるようだ。もしかしたら、あなたの街もランクインしているかも!まずは新築マンション編から。第1位に輝くのは果たして…?

◆新築マンション編

根強く第1位にランクインしたのは『東京都中央区』。そして『東京都千代田区』、『東京都港区』と続き、都心の人気が衰えないようだ。

銀座の街並み。商業地域としての特徴が強いため建物はビルが目立ち、住宅はマンションの供給が中心

第1位の『東京都中央区』は2020へ向けての変化が現れる街

近年東京オリンピックに向けて開発が進んでいる『東京都中央区』。便利でありながら下町風情を残す勝どきや月島だけでなく、大商業地帯でオフィス街が広がる日本橋や銀座、八重洲も再開発が行われている。

東京23区内の供給数が減少しているなか、月島、勝どき、八丁堀などを中心に数多く供給されていて、昨年の第2位から第1位へとランクアップした。東京オリンピックを過ぎても注目を集め続けそうだ。

丸の内のイルミネーション。夜景が綺麗なのも、このエリアの魅力のひとつかもしれない

第2位は住めば便利なことが間違いないであろう『東京都千代田区』

第2位の『東京都千代田区』は、国会議事堂、最高裁判所、各官公庁やオフィスが広がり、居住エリアは限られている。そのため、人口は東京23区のなかで最も少なく、わずか5.8万人だが、その数は年々増え続けている。

通勤・通学がしやすいのはもちろん、越境入学者の多い名門公立小・中学校が多いのも特徴。また区の面積の約15%を占める皇居や北の丸公園、日比谷公園など、都心中の都心でありながら自然が豊富なのも魅力的だ。

歓楽街から少し離れると、閑静な住宅街が立ち並ぶ。こちらは広尾から麻布方面への道中

魅力のスポットが数多く集まる街『東京都港区』は第3位にランクイン

大企業が軒を連ねる虎ノ門、新橋、芝などのビジネス街や、青山や表参道、赤坂などの商業エリア、六本木などの歓楽街がある『東京都港区』。居住エリアとしては麻布、白金台などが有名。

新築マンションは麻布十番、白金台、品川、田町などを中心に供給されている。特に、田町駅前は大型再開発が進行中だ!さらにJR山手線品川駅・田町駅間にできる新駅の影響もあり、将来性も高く注目が集まっている。

程よい距離で、スカイツリーの見える街

第5位の『東京都台東区』は東京で最も古い市街地の1つ

浅草や上野、秋葉原など、観光地としても人気のエリアである『東京都台東区』。東京23区内で最も面積が狭く、また商業地が多いため、マンションも多いのだ。

隅田川沿いの景色が綺麗で、祭りやイベントの多い浅草に面しているのも特徴的。下町エリアは都心部に比べて住宅価格がリーズナブルで、価格上昇余地があることから、資産性の高さも評価されている。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ