4人の食のプロが大胆予想!今年絶対にくる食トレンドはこれだ!

さあ、2016年も始まりましたが、今年はどんなことが食の世界で流行るのでしょうか?

昨今、トレンドは女性が火をつけるもの。ならば、トレンドセッターである女性、しかも食の女傑たちに聞くのがいちばん手っ取り早い!ということで、東京カレンダーで活躍する4人の女性ライターに緊急ヒアリング!

彼女たちの大胆予想はいかに?ここに、次なる食トレンドが語られます!

もはや大人気の『シェイク シャック』のハンバーガーは、自然な食材にこだわる本格派。ふわふわのバンズとジューシーな肉汁がバーガーマニアに大人気。マヨネーズベースの「シャックソース」が決め手!

“今年はいいバーガー元年になりますね、きっと”

「趣味はひとり焼肉!」と豪語する肉食系ライターの小寺慶子さん。

「『ユーゴデノワイエ』がオープンしてフランスの牛肉が食べられるようになり、肉人気は衰えず。シャルキュトリーブームも過熱していくと思います。そして注目なのがグルメバーガー。

『なかはら』も出したし、『ベアバーガー』の2号店もできるし。ついに来たか!と思ったのはNY発の『シェイク シャック』。こちらは「最も人気のあるニューヨークレストラン」にも選ばれたほどの話題店。

素材はアンガスビーフ100%でこだわりを感じます。これからは有名店や有名シェフが作る高級バーガーに注目です。私、来年はバーガーライターやりますよ!」

ギザギザカットのポテトにシェイク シャックオリジナルのチェダーチーズをトッピング、が通の頼み方。トランス脂肪酸を使用しておらずヘルシー

もはや外苑前の人気スポットとして認知されつつある!行列に並んでも食べたい!

メニューは「焼きそば」と「イカエビ入り焼きそば」の2種。ソースか塩を選ぶ。とろっとろの半熟卵にソースは鉄板物に欠かせない

“希望的観測すぎますが、焼きそばが来てほしい”

偏愛系ライターとして、様々な食メディアで活躍中の小石原はるかさん。

「焼きそばの概念が変わった!と唸らされたのが、神保町にある焼きそば専門店『みかさ』。昭和59年に熊本で創業し、2013年東京に移転してきたお店です。

その味の決め手となるのは、自家製の中太ちぢれ麺。北海道産小麦100%を使って店内で製麺した生麺を、注文が入るごとに釜茹でした後、鉄板に油をひかずに焼くのがキモ。

油分があると麺がコーティングされるため麺の内部の水分がとどまり、食感が変わってしまうからだそう。もっちりと力強い麺は、噛みしめると小麦の甘味が広がり、これまた自家製のソースが絡まれば……あゝ夢中♥」

わずか9席の店は12:00〜15:00はいつも満席状態。待っても食べる価値あり!並も大盛も同じ金額なので、最近は女性も大盛りを食べる人が増えたそう

神保町にお立ち寄りの際は是非!焼きそばのイメージが変わること請け合い!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ