芸能人マネージャーが密かに教える"タレントを唸らす勝負おみや"16選

手土産は、もらって嫌な気になる人はいない。
それが少し手の込んだものならば、相手の好感度も急上昇すること間違いなし。

そこで、気づかいの天才、芸能マネージャー達に、必勝おみやを聞いてみた。
先週は、和系必勝おみやをご紹介し、本日は洋系必勝おみやをご紹介!タレントたちの明日の仕事を繋げている手堅い逸品はこれだ!

ビーフヘレカツサンド 1人前 ¥2,100

『新世界グリル 梵』の「ビーフヘレカツサンド」

中央区銀座

薄めのパンに挟まれたヘレカツは、特製のデミグラスソースにつけられとびきりジューシー。

「収録時に仲のよいプロデューサーに渡します。レア肉のカツサンドはなかなか珍しいので、いいリアクションをいただけます。正直、自分の分もよく買っていますね(笑)」(芸能事務所S/Kさん)

『北島商店』の「メンチカツサンド」

荒川区西日暮里

厳選の国産の牛肉、豚肉、玉ねぎを使ったヘルシーなあと味のメンチカツサンド。

「食べてみたら、玉ねぎの甘さがきいていて、冷めても美味しかったんです」(芸能事務所O/Hさん)

『ヴィロン』の「ジャンボクリュテ」

千代田区丸の内

ヴィロンのサンドイッチは上質な軽食に。

「今までのフランスパンの概念を覆したのがここのフランスパン。そのパンでハム、レタス、玉子、をサンドしたサンドイッチはボリュームも満点。撮影現場にもっていくと好評です」(芸能事務所O/Gさん)

『楽万コロッケ店』の「コロッケ」

港区麻布十番

科学調味料、保存料などはいっさい使わず、素材本来の味と食感を生かすコロッケ店。“岩国れんこんと筍のコロッケ”、“ずわい蟹のプレミアムクリームコロッケ”等、空腹時にキャッチーなコロッケばかり揃う。

「揚げたてを狙って行っています。タネがいいので、ソースを使わずこんぶ塩で食べるのがベター」(芸能事務所N/Iさん)

『モンタボー』の「カレーパン」

港区麻布十番

スパイシーなトマトベースの欧風カレーパンと、昭和からあるような懐かしい甘さのカレーパンはモンタボーの定番商品。

「撮影が深夜におよぶときのお夜食として持っていくと、パワーがつくみたいで人気ですね。なかのカレーはもちろん、衣がサクサクで美味しいです」(芸能事務所A/T)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ