芸能マネージャーたちに聞いた!これが私の"必勝おみや" 16選

手土産は、もらって嫌な気になる人はいない。
それが少し手の込んだものならば、相手の好感度も急上昇すること間違いなし。

そこで、気づかいの天才、芸能マネージャー達に、必勝おみやを聞いてみた。
今週は和系必勝おみやを、来週は洋系必勝おみやをご紹介。
タレントたちの明日の仕事を繋げている手堅い逸品はこれだ!

花園万頭

『東京新宿 花園万頭』の「花園万頭」

新宿区新宿

大和芋を加えてしっとりと蒸し上げた外皮、四国和三盆糖を加えた上品な甘さの餡は、170年続く伝統の味。

「“日本一高い万頭”というキャッチフレーズがあるので、お土産としてはありかな、と思います。名物なので、ご当地感がありますね」(芸能事務所Y/Tさん)

柏屋薄皮饅頭(写真は“こし”) 10個入 ¥1,080

『柏屋』の「薄皮小饅頭」

豊島区南大塚

北海道産の小豆をふっくらと炊きあげた自家製餡を使った饅頭は、こしとつぶの2種類を用意。こしはさらっとした口どけ、つぶは小豆本来の素朴な風味と食感ががうり。

「饅頭でもサイズが小さいので、ひと口で気軽につまめるのがポイントです」(芸能事務所A/Yさん)

揚げまんじゅう(こし餡・胡麻)

『御門屋』の「揚まんじゅう」

目黒区中町

おかきの老舗が試行錯誤の末、作った饅頭は、こし餡と胡麻入りこし餡の2種。こし餡はまろやかで品のある味わい、胡麻入りこし餡は胡麻が香ばしくただよいあと味はやさしい。

「小さいまんじゅうに餡がぎっしり詰まっているので“中身の詰まったお付き合いをできますように”という気持ちをこめています」(芸能事務所W/Kさん)

どらやき 1個 ¥216

『銀座立田野』の「どらやき」

渋谷区渋谷

明治28年に元力士がその四股名を屋号に創業したという、甘味処の老舗。常時約5種類用意するどらやきは、バター、求肥、黒糖などバラエティ豊か。

「あんこが甘さ控えめなのにしっかりとしていて、僕はつぶ餡が大好きです。これは現場というより食事会に持っていくことが多いですね」(大手レコード会社U/Tさん)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ