そろそろ和食脱出!東京で本場の味をそのまま出すタイ料理の名店はここ!

マッサマンカレーやトムヤムクンに代表されるように、タイ料理は辛さの中にも甘みや酸味が混じり合い、少し独特な味わいですが、それがクセになってしまうという人も多いはず。

そんなタイ料理の特徴と、東京で食べられる本場の味を提供するレストラン3店をご紹介。
口の中で奏でられる塩味、辛さ、酸み、甘みのカルテットを楽しもう♪

『モンティー』には数種のガパオが。こちらはピータンのフライと鶏挽き肉炒め、揚げガパオのせ。"カイヨーマー ガパオクロッ"

タイ料理 = 鹹(かん)、辛、酸、甘とハーブがたたみかけて広がる世界

タイ料理の魅力は、テーブルに並んだ瞬間に、席に着いている人の気持ちをわっと盛り上げるパワーがあるところ。ハーブや唐辛子が作る南国らしい色鮮やかさや、素材を煮込み過ぎないからこそ出せるフレッシュな香りの力。味覚はもちろん、視覚嗅覚からも元気になれます。

タイ料理を構成する味は、塩味、辛さ、酸み、甘み。口に入れたときに4つの味が重なりながら広がり、舌と脳を刺激します。

タイは「水に魚あり、田に稲あり」と言われたほど、肥沃な大地に恵まれた豊かな国。チェンマイを中心とした北部、マレーシアと隣接した南部、塩味、辛さの強い料理が多い東北部、バンコクを中心に広がる中部と、地域によって特色が異なります。

全般に米食文化で、カタクチイワシから作るナンプラーや、オキアミから作るガピなどの発酵調味料を使う点が、日本人の共感を呼ぶのかもしれません。世界的に見ても、日本のタイ料理店はハイクオリティーではないでしょうか。日本ではあまり知られていませんが、タイ人の国民食とも言えるのが、ナムプリック(肉みそディップ)です。

重なりあって広がる複雑な味わいと発酵調味料の旨みを堪能できる、タイ料理の魅力が詰まった一品。何を頼むか迷ったらメニューに探してみては。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ