まずは知識から入れ!思わずウイスキーが呑みたくなる本9選

幅允孝さん 青山ブックセンターのバイヤーを経て、石川次郎氏に編集師事。現在は選書集団「BACH」代表として、「TSUTAYA TOKYOROPPONGI」を始めとするブックディレクションから、編集、執筆、企画、ディストリビューションなどを手がける

⑥『 酔うために地球はぐるぐるまわってる 』
椎名誠著/講談社

椎名誠といえば有名な呑兵衛作家なのに、酒で一冊まとめた本はこれが初という意外な一冊。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』と同じ蒸溜所を回っているのですが、同じ物書きでもウイスキーの感じ方がまったく違うのが面白い。それだけに、やはり自分で足を運んで体感しなければと思わされます。

⑦『 ウイスキー粋人列伝 』
矢島裕紀彦著/文春新書

我がままな呑み手のこだわりが日本のウイスキー文化を育てたのではというところで、著名人たちの嗜み方やエピソードが知れる1冊。

やたら幅広い人選でかつての酒呑みと今の酒呑みを平然と並列に語り、共通と差異をあぶりだしているのが面白い。いいネタ元です。

⑧『 女王陛下の007 』
イアン・フレミング著 井上一夫訳/ハヤカワ書房

ジェームズ・ボンドが恋に落ちる女性の父親である、敵対する仏マフィアの首領との修羅場シーンが格好良い。

緊迫した状態でふたりはウイスキーソーダを酌み交わし、新しい関係を築いていく。男と男の契の酒は、やはりウイスキーしかなり得ないな、と納得です。

⑨『バーテンダー』Vol.16
原作・城アラキ 漫画・長友健篩/集英社

薀蓄だけでなく、バーテンダーという職業を通した人との距離感についても考えさせられる大好きな漫画。

16巻はニッカウヰスキー蒸溜所のある余市が舞台で、時間軸のオーバーラップや客観的視点という漫画ならではの手法で、『 ヒゲのウヰスキー誕生す 』の物語をより端的に楽しめていい。

今回、幅さんがひとり呑みした場所はこちら
『ニッカ ブレンダーズ・バー』

ニッカウヰスキー本社のB1にあるニッカウヰスキー中心のバー。
ニッカの工場でしか購入できないキーモルトやカフェグレーンといったウイスキーを使ったオリジナルの『ブレンダーズ・ウイスキー』は堪能できる。

住所 港区南青山5-4-31 ニッカウヰスキー本社ビルB1F
TEL 03-3498-3338
営行時間 17:00~23:30
定休日  日曜・祝日

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo