ガッツリごはんをかっこみたい! 間違いのない定食屋6選

魅力的な定食屋は、問答無用に美味しい。どこにでもあるシンプルな料理なのに、家庭では決して味わえないヤミツキな味がある。ここでは、東京カレンダー編集部がプライベートで通う、定食屋を厳選する。

白ご飯が美味しいんですよ!『こづち』の肉ニラ定食
副編集長 昌保博之選

恵比寿

1年ほど前、スタジオジブリの鈴木敏夫さんと、変わりゆく”恵比寿の街”についてお話ししたときに話題にあがったのが老舗の大衆食堂『こづち』だった。恵比寿の地を長くから知っている鈴木さんは創業から50年以上も続く『こづち』が好きだった。

去年まで恵比寿に住んでいた僕も『こづち』の魅力にハマり、毎日のように肉豆腐や炒飯やハムエッグを食べていた。
鈴木さんと『こづち』の話題で盛り上がり(興奮したのは僕だけだったか)、そのときの彼の言葉が忘れられない。

「あそこはね、白ご飯が美味しいんですよ」。

愛され続ける定食屋は、白ご飯が美味しい。その一言でさらに『こづち』が好きになった僕は、いまでも週に一度は美味しい定食を食べに行く。数あるメニューのなかでも僕がおすすめしたい定食は、肉ニラ定食。ニラの香りともやしのシャキシャキ感がたまらない。

定食屋としてナンバー1、そして絶対に閉店してほしくないナンバー1の店である。

昼時、お食事処と書かれた暖簾をくぐるとカウンターのみの店内は大勢の常連客で賑わっている

魚は日によって変わるが、こちらはさば干物定食。メニューは一例

ごはんと魚にこだわりあり!『あん梅 ぎん香』の魚定食
編集長 大槻篤選

麻布十番

刺身でも食べられる新鮮な魚を築地から仕入れ、店の屋上で天日干しにする。この太陽のチカラで仕上がった干物の味を引き立てるのが、薪で炊かれた艶々のごはんだ。

なによりも、このごはん。匂いからして香ばしさが全然違う。熱々を頬張れば、米の甘味に脳内が覚醒され、魚とごはんの幸せ無限ループが繰り返される。

これに自家製の味噌を使ったみそ汁とぬか漬け、小鉢もついてくる。値段も品質も日本一と思う、昼定食。食べれば夜も通いたくなること請け合いです。

決して広くはないが居心地のよい店内。夜の部ではお酒が充実。

一番人気の「ベーコンステーキ ランチ」¥900

驚愕のボリュームに悶絶!『酒処 つがる』のベーコンステーキランチ
副編集長 日紫喜康一郎選

品川

会社の健康診断で品川駅港南口のクリニックへ行った帰りのこと。ちょうど昼どき、それで思い出したのが食通ミュージシャンの小宮山雄飛さんの顔。小宮山さんが「凄いボリューム!」と絶賛していたのが、ここ『酒処 つがる』のランチメニューだ。

一番人気はベーコンステーキランチ。なんとも大ぶりなベーコンが2枚。食べても食べても食べてもベーコンが襲ってくる、感じ。ただ、納豆、たまご、海苔が食べ放題なので、ベーコンで疲れたら、そういうさっぱりしたものに逃避できるので、意外や食べていける。

ランチタイムは2時間。その間に15キロ以上のベーコンが消費されることもあるというから驚きだ。

健康診断をいい機会に「ちょっと脂っぽいものは控えようかな?」なんて気持ちは、ベーコン2枚に吹っ飛んでしまったのは言うまでもない。

開店と同時に店内は、ベーコンに飢えたサラリーマンでごった返す!!!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ