肉好きが銀座で最後に行くつく極上山形牛料理店『加藤牛肉店』

「今まで自分が扱ってきた牛肉が、銀座でどこまで通用するのか一度試してみたかったんです」
そんな想いから、ご主人の加藤敦氏が、ここ『加藤牛肉店』をオープンさせたのは、2008年のこと。
老舗が立ち並ぶ銀座の中でも、肉好きに圧倒的な人気を誇るその理由はこれだ。

サーロイン150gとフィレ肉の中でも最も上質な部位であるシャトーブリアン100gの盛り合わせ。噛み締めるごとに、和牛ならではの風味と肉汁が混然となって口中に広がる

部位ごとの特徴を活かした極上山形牛料理
『加藤牛肉店』

ご主人は、横浜で1930年から続く老舗精肉店の3代目。肉の目利きに関しては、業界内では言わずもがな。料理人たちからも一目置かれる存在だ。

その彼が、これぞと惚れこみ扱う肉は山形牛の処女牛のみ。それも生後32カ月以上。信頼の置ける生産者に育てられたものを厳選して仕入れるという徹底ぶりだ。

フィレ肉とサーロインの盛り合わせ。サーロインは見事な霜ふりでありながらベタつくようなしつこさは全く無い

山形牛にこだわる理由を「山形は、県をあげて雌牛の生産に力を入れているんです。だから(上質の牛を)チョイスしやすい。真面目な生産者も多いですしね。雌牛は、脂肪がきめ細やかで脂の融点が低い。口の中でとろける繊細な美味しさは、やはり雌牛でなければ味わえないでしょう」と語る。

その自慢の山形牛をここではさまざまなスタイルで楽しませてくれる。例えば、極上霜ふりタタキにはイチボ、霜ふり牛刺しにはザブトンを。

そして、ローストビーフには贅沢にもシャトーブリアンを用いるといった具合。部位ごとの特徴を活かした料理法で舌の肥えた銀座の美食家を魅了している。

肉汁溢れ出るハンバーグも人気のひと品。添えたポテトサラダも美味

初めてならば、おまかせコース1万6000円(サ/税別)がおすすめだ。牛肉本来の滋味がしみじみと舌に広がる自家製コンビーフやハンバーグ、カレー、ステーキなど、人気の味をバリエーション豊かに味わえる。

中でもステーキはフィレやサーロインだけでなくイチボやランプなど6種類から好みの部位を選べるのもここならでは。

スネ肉の旨みを凝縮させたカレーは絶品

自家製コンビーフはお取り寄せも可能

山形牛のみを使用するこだわりの表れ

いかがだったであろうか?
溢れ出る肉汁の豊かな風味、スッキリと後口の良い脂の旨みは厳選された極上山形牛ならでは。
肉ラヴァーなら見逃せない。


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ