『SALON DE LOUANGE』は会員だけがイートインOKな西麻布のスイーツ店

もしあなたが、このお店でショーケースを覗き込むお客の姿をみたら、そこはジュエリーショップかな?と勘違いしてしまうかもしれない。
それほどにラグジュアリーで、アーティスティックな空間を誇る、大人のためのスイーツ店が9/16(水)に西麻布に出現。
おまけに、イートインスペースが会員制サロンというのだから、ただものではない。

会員制サロンって??

その店の名は、『SALON DE LOUANGE』。
感度のいい人ならお気づきであろう、六本木にあるルワンジュ東京が新たなコンセプトで新展開したお店だ。

なんとスイーツ店にもかかわらず、店舗に併設しているイートインスペースは会員制なのである!
会員種別は、プラチナVIP(限定100名)とゴールドVIP(限定200名)の2種類。限定数を設けていることから、まさにクローズドなサロンとなるわけだ。

なお、非会員のゲストは、テイクアウトのみ利用可能で、月に1度平日の昼間だけサロンスペースの一部を開放する。

ショーケースにならぶアートのようなスイーツの数々

ルワンジュ東京でもおなじみ!エクレアートパルフェ


アート作品のようなスイーツ

こちらのお店で腕を振るうパティシエは、グランドシェフの入鹿貴史氏、アシェットシェフ古田拓也氏、ショコラティエのステファン・ヴュー氏と、日本のスイーツ界をリードするスターシェフたちだ。

そして供されるスイーツは、最先端&最高技術を駆使して創られる、まるでアートのような作品。見ているだけで思わずうっとりしてしまう。
お店のコンセプトは「空間と時間を提供」とのことで、まさに大人の社交場なのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ