勝負は2軒目から!相手に“デキる”と思わせる立ち飲み処13選

L字型のカウンターは開店直後からいっぱいになることも

旨い肴にこだわる酒飲みたちの聖地
『かねます』

勝どき

上質な肴を求め食通たちが足繁く通う名店。築地で仕入れる鮮魚を中心に15種ほどのつまみを日替わりで提供する。

軽く炙った牛肉で生うにを巻いた「生うに牛肉巻き」といった店主の力作から、「かぶら蒸し」など素材を活かした料理まで。立ち呑みに酒以外の目的を見出した強者でさえも、納得せざるを得ない。

ぐじの昆布〆。一口噛み締めば、ぐじのねっとりとした旨みが口の中に広がる。仕入れ状況などによりメニューは異なる。写真は一例

おでん缶から漂うトマトスープの香りに惹かれる

銀座の裏路地に佇む"おでん"バー
『gindachi』

銀座

イタリアンバーに「おでん」の文字? この店のメインメニューは、北イタリアの煮込み料理“イタリア風おでん”とも称される「ボリート」。店内は時間が深くなるにつれ、この“ボリート”とワインのマリアージュに魅せられた客で溢れかえる。

しっぽりとディナータイムを過ごした後は賑やかな空間に身を投じてみては。

盛り合わせは3種。写真は豚スペアリブ、ソーセージなどが入った、ポーク&ベジタブル

立ち呑みはシンプルな白木のテーブルで

銀座に現れた角打ちスタイルの進化系
『銀座酒蔵検校』

銀座

日本各地から集めた名酒ばかりを提供する店。立ち呑みスペースでは缶詰博士の黒川勇人氏がセレクトした逸品を肴に、良質な酒がリーズナブルに愉しめる。

人気を博すのは、お薦め3種の酒からなる「飲み比べセット」。いい酒を知るために試したいところだ。もし運命的な出会いを感じたなら、その場で購入するべし。

手前から、肴のねぎ鯖(味噌だれ)と、桜姫鶏(たれ塩味)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo