やっぱり骨付きが最高!都内の骨付き肉がホントに旨い店8選

肉の旨みが凝縮されているのは、やっぱり骨付き肉!肉をこよなく愛する人は知っておかねばならない、骨付き肉がホントに旨い店を一挙ご紹介。

2名用のプライムステーキ「STEAK FOR TWO」。T字型の骨の両サイドに脂と肉汁の旨みに満ちたサーロイン(右側)としっとりと柔らかなフィレミニヨン(左側)。熱々のうちに頬張りたい

これぞアメリカ!なステーキハウス
『ウルフギャングステーキハウス バイ ウルフギャング・ズウィナー』

六本木

~アメリカで食べたあの味が東京に到来!~

ジュージューと音を立てて運ばれてくる大皿は、肉同様にこんがりと茶色く焦げている。というのも、皿ごと900℃のオーブンで焼き上げているから。2014年2月に待望の日本上陸を果たし、六本木に店を構えてから早いもので1年半が過ぎた『ウルフギャング・ステーキハウス』。ダイナミックなTボーンステーキへの世間の関心度がぐっと高まったのには、この店の登場が大いに影響しているといっていい。

アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級に当たる「プライムグレード」を、専用の熟成庫で約28日間ドライエイジング。アミノ酸の働きで、身質が柔らかく、かつ旨みが凝縮された骨付き肉は、特別なオーブンでわずか約1分半焼くだけで、表面はカリッと香ばしく、中はジューシーな仕上がりに。溶かしバターとともに焼かれているから、リッチな香りもたまらない。

これまで日本では出会えなかった味わいが大人気。予約困難なのも致し方なし!

プライムリブの「ロウリーカット」。上のサラダやパンのほかに、ヨークシャープディングも付く。

味わい深まるローストビーフ
『ロウリーズ ザ プライムリブ トウキョウ』

恵比寿

~アメリカらしさはそのままモダンに進化した空間へ~

長らく愛された赤坂の店舗から、恵比寿ガーデンプレイスにお引っ越しして1年あまり、すっかり恵比寿の街にとけこんだ。温かみのある雰囲気はそのままに、モダンなエッセンスが加味された空間は約320席と、スケールの大きさは赤坂時代と変わらずだ。

もちろん、看板メニューも揺るぎない。シーズニングをまぶしてマリネした骨付きビーフを、じっくりとローストした、アメリカンスタイルのローストビーフだ。マッシュドポテトやヨークシャープディングなど、たっぷりのガルニチュールと共に供されるスタイルもうれしい。

ポーションは数種類あるが、やはりここでは、店名が冠された定番の「ロウリーカット」を選びたい。重量は約300g。テーブルのそばまで運ばれてくるドーム状の「シルバーカート」の中で、大きな塊からカットしサーヴされる様子や、サラダを目の前で仕上げてくれるパフォーマンスも、味わいのうち。舌のみならず、目、耳etc.と五感で楽しめるダイニングだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ