必見!和食の名店『麻布 幸村』秘密の離れを知っているか?

山口県産の大きな鮑を丸ごと用いた鮑のステーキ¥6,000~。蒸し鮑と違い噛み応えのある味

“人知れず”を貫いた名店の離れ『麻布 心月』

春の「花山椒鍋」から秋の「鱧松焼き」。そして冬には「間人蟹」等々、四季を彩る名物料理で定評のある和食の雄『麻布 幸村』。

ミシュランの三ツ星にも輝くこの店に、常連客のみぞ知るシークレットなスペースがあることをご存知だろうか?

4階にあるおばんざい『麻布 六角』のこと……ではない。さらにその上、6階に看板も無く、小ぢんまりとした空間。そこが『麻布 心月』である。

人知れず店を開けたのは’09年9月。おまかせコースのみの『幸村』とは、趣を異にする和食店をやってみたい。そんな想いが店主・幸村氏の胸の内に芽生えた。

活車海老のフライとクリームコロッケ盛り合わせ¥3,000。海老を開いて揚げるのが幸村流

『六角』ほどカジュアルになり過ぎず、『幸村』よりはプライベートで寛げる雰囲気……。そう、幸村氏自身が頭に描く「自分が行くならこんな店」を実現したのが『心月』という店なのだ。

スッキリとして品の良いカウンターは、どこか往年の割烹料理店を思わせる。献立表を見れば“甘鯛”、“伊賀牛”、“黒豚”など素材を前面に押し出した構成が印象的だ。各々、酒蒸し、炭焼き、カツレツといった調理法を記してあるものの、これはあくまで目安。

素材さえあれば、献立に無い料理を作ることも厭わない。客とのやりとりから即興料理が生まれることもしばしば。客は、自分の好きなものを好きなようにアラカルトで楽しむ。これこそが、ここ『心月』の醍醐味なのだ。

旨みたっぷりの牛タン煮込みカレー風味¥1,600。昆布出汁に醤油、味醂を合わせた中で3~4時間じっくりと茹で上げた牛タンは、箸で切れるほど柔らかい。カレーの香りが食欲をそそる

とはいえ、それも客と料理人双方の技量とコミュニケーションがあればこそ。隠れ家たる理由もそこにある。まずは(本店の)『幸村』に来ていただき、互いのニュアンスを分かりあってから次の段階で……という幸村氏の想いも宜なるかなだろう。

そしてオープンから年月も経った今、一見の客にも来てもらえるだけの“ゆとり”も生まれた。

ちなみに、花山椒鍋などの名物料理のトップシーズンには、『幸村』の離れ的な場所に早変わり。このフレキシブルな感覚も隠れ家たる所以なのかもしれない。

カウンターはわずか6席のみ

グラスや酒器が飾られる店内

土鍋でじっくりと白飯を炊き上げる。甘みもあって旨い

さり気ない部分にも幸村氏のこだわりが窺える店内

旬を取り入れた魅力的な料理が並ぶ献立


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ