ワイガヤもしっぽりも 進化する大人の酒場スタイル Vol.2

行くならば夕暮れ前! 空いてたらラッキーな酒場

酒場の醍醐味は、やっぱり仲間とワイワイすること。今回ご紹介する2店は、そんなシチュエーションにこそおすすめ。テンション高めのノリでいつまにか、飲み過ぎてしまう! そんなご機嫌な酒場をご紹介!

シドロス

ひとたび足を踏み入れれば、まるで海外にいるかのような錯覚に陥る店である。なにせ客の8割が外国人で、店内の会話はほぼ英語。そしてカジュアルでいてセンスの良い内装や料理のラインアップも、日本で育った人が作った店とはひと味違うユニークなものだ。

オーナーの白子兄弟がこの店をオープンさせたのは昨年9月。店名の『CEDROS』とは、兄弟が長く住んでいたサンディエゴにある通り名だ。

店では海に近いその地をイメージし、鮮魚を中心としたカリフォルニア・キュイジーヌを提供する。日本在住の外国人の間で噂が口コミで広がり、今では某有名トラベルサイトでも堂々の日本2位を獲得。

都内在住者も、旅気分でこの酒場に立ち寄ってみては?

よなよなビアキッチン 神田店

今年3月にオープンした、よなよなビアキッチンの新店。こちらは、ヤッホーブルーイング社のドラフトビールを最も多く取り扱う、唯一の公式ビアレストラン。

クラフトビールは、常時11~13種類がそろっており、その場でサーバーから注がれる。長いカウンターはオープンキッチンになっており、ライブ感もいい肴に。

計12種類もの特製ソーセージや名物のローストチキン(¥980~)などは必食。その雰囲気に、思わず食もお酒もすすんでしまう、今一番ホットな酒場といえるだろう。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【ワイガヤもしっぽりも 進化する大人の酒場スタイル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ