「インスタは盛りません」真木よう子が、素の自分を堂々とさらけ出せる理由

美しくてミステリアス。それでいて自由奔放。

そんな印象が強い、女優の真木よう子さん。

底知れぬ魅力を放つ彼女の素顔に迫るべく、仕事観、恋愛観を深掘りして聞いてみた!



東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!掲載しきれなかった真木さんのインタビュー全文が読める!アプリのダウンロードはこちらから。

「飾らないわけじゃなくて、飾り方を知らないんです(笑)」


メディアを通じて、その飾らない姿で私たちを魅了する真木さん。

自身のインスタグラムでも、そんなありのままの素顔を垣間見ることができる。

「オンもオフもそのまんま。インスタの写真も全然盛りません。

若い子が可愛く盛るのはいいんです。でも、39歳の私が加工アプリでほうれい線を消してポーズ決めているのって、不自然じゃないですか。というか、基本的に、飾り方を知らないから飾れないんです(笑)。

そもそも、年齢を重ねることって悪いことだと思わないし、抗うことなく年相応でいたいですね」

潔く素直な生き方が、格好よくもありチャーミングでもある。

「女性は年齢に囚われている。歳を重ねるって素敵なこと」


プライベートでは、現在、11歳の娘を育てるシングルマザー。酸いも甘いも経験した真木さんの、恋愛観も尋ねてみた。

「再婚は考えなくなりました。もし私が誰かと一緒になるなら、パートナーシップみたいな関係性が理想ですね。

相手には好きなことをしてほしいし、自由でいてほしいし、幸せでいてほしい。お互いを尊重しあえる関係ならば、結婚という契約なんていらないと思うんです」と、多様性の社会に生きる女性らしい意見が。

では、これからどんな40代を迎えたいのか?

「40代って、20〜30代に積み重ねてきたいろいろな経験が身になって、自信や余裕がもてるようになる年代。女性は年齢に囚われがちだけど、『歳とったっていいじゃない』って思います。

私は今の経験値で何ができるのか、新しい挑戦に今からワクワクしています」

地に足のついた奔放さを身にまとい、真木さんは軽やかなステップで不惑の年へ向かっていく。

■プロフィール
真木よう子 1982年、千葉県出身。1999年のデビュー。初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』ではヌードシーンに挑戦し、話題に。ドラマ『MOZU』『ボイス』シリーズなど幅広い役で活躍する。

■衣装
ジャケット 71,500円、パンツ 49,500円〈ともにEZUMi/Ri Design.Ltd TEL:03-6447-1264〉、その他スタイリスト私物


▶このほか:東カレのリアル愛読者・米倉涼子が表紙の撮影で楽しみにしているコトとは…



東京カレンダー最新号では、真木よう子さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
東カレに語ってくれた、真木さんの意外すぎる理想の女性像とは?

アプリのダウンロードはこちらから。

東カレアプリでは、「弩級な店」だけを完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、「弩級な店」特集!東京を艶やかに生きる大人は知っておきたい「ハイエンドなレストラン」が満載!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は11/20(土)から。



【東カレ男子に質問!エリア別出会いの場アンケート】

丸の内、銀座、六本木、渋谷、恵比寿、中目黒、代官山、表参道、世田谷近辺で
働いている、または住んでいる東カレ男子の皆様!

『異性と出会える店』『仲良くなれる場所』『よく行く店』をぜひお聞かせください。

ご回答いただいた中から抽選で10名様を『オンライン東カレNIGHT』へご招待させていただきます!

※回答所要時間:約2分

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/VTFWNML1

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo