おひとり様でサクッと握りをつまみたい!1貫からお好みで気軽に普段使いできる寿司店!

「蛸の柔らかな煮」(700円)には、この日旬の味わい「揚げ銀杏」が添えられた

酒好きにはありがたいつまみの豊富さ

握りの他にも常時6~7品ほどのおつまみが用意されているのも、お酒好きには嬉しい。

丁寧に下処理を施し、煮る、蒸すなどの工程を経て極上の柔らかさに仕上げられた「蛸の柔らか煮」や、桜チップで燻製した帆立を、自家製の芥子黄味酢で味わう「帆立燻製 芥子黄味酢」など、お酒の進む料理が揃う。

「帆立燻製 芥子黄味酢」(600円)

おつまみの中には大将が食べ歩くなかで出会った美味しい料理のエッセンスを取り入れた料理もあり、訪れる度に新しい味わいに出会えるのも嬉しい。

出汁醤油に酢を入れ、オリーブオイルと黒胡椒で風味付けしたソースで味わう「揚げハモ」もそんな料理のひとつだ。

「揚げハモ」(700円)

お酒は日本ワインを中心に用意。グラス(800円~)

「厚焼玉子」(200円)

特徴的な厚焼玉子や季節のデザートで締めくくり

〆には、穴子のすり身を入れて焼いた「厚焼玉子」がおすすめ。

甘めに仕上げられているが、しっかりと穴子の味も感じることができ、ふんわりと柔らかい。

また食事のラストをさっぱりと締めたい人には、大将手作りの「マスカットと山椒のソルベ」など季節のデザートも用意されている。

立ち食いスタイルとは言え、希望があれば座席も用意してくれるのも嬉しい配慮

パッとつまむのもよし、腰をすえるものよし
一人で鮨をつまめる大人の夜を

江戸時代のファストフードだった寿司が、現代ではこんな形で生き継いでいるのかもしれない。

とはいえ、ゆっくり座って食事したい方には、椅子も用意されているので気軽にお願いしてみよう。

この秋は、ふらっと立ち寄り、鮨をつまみに一杯なんて小粋な夜を『鮨〇△』で満喫してみてはいかがだろう。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo