艶やかなムードがふたりの距離を近くする!デートで訪れたい「未来の超人気店」3選


西麻布に潜む隠れ家で、最高の肉を堪能しよう
『Li.nu』


美食を極める自身の経験値を注ぎ込んだフレンチレストラン『ボニュ』のオーナー・来栖けい氏。

すでに予約困難店である同店に続き、プロデュースを手掛ける〝第二形態〞レストラン『リニュ』が、西麻布の星条旗通りに誕生。

元々、女性オーナーによる紹介制のイタリアンだったが、彼女が『ボニュ』のファンだったこともあり、縁あって、7月にオープンした。

お店全体はアミューズメントパークを意識し、部屋ごとに雰囲気を変えている。メインダイニングは広々とした空間に2つのテーブルを配したゆとりある作り。ヨーロピアンをイメージし、エレガントさが際立つ。

しかも、1日3組限定のため、時間を気にせず相手との会話に没頭できるのだ。

「サラダ」に使われる旬の野菜は実に60種類超!生野菜の下には「茹で」「焼き」などの温野菜を忍ばせ、アーモンドのエスプーマ、レモンオイルのパウダー、レモンとバジルのソルベなどをあしらう


ここでは、「サラダ」「スープ」「ステーキ」という西洋料理の基本ともいうべき3品に真っ向から取り組み、ポテンシャルの高い素材を惜しみなく使う。

厨房で腕を振るうのは、かつて来栖氏プロデュースのレストランでシェフを務めた経験もあり、信頼関係で結ばれている小松岳史氏。「肉に“熱い”と感じさせないイメージで焼く」が身上。

季節により種類は変わるが、この日は「コーンスープ」。単一素材の味のみで完成させるのが『Li.nu』流。

バリッと香ばしい表面は“薄皮1枚”と形容したいほど。ガーリックチャイブの可憐な花と共に。料理はすべて「Li.nu Standard」コース¥26,000より


特に、メインディッシュのステーキには「見島牛」「蔓草牛」など、希少かつ来栖氏が愛する純血系の黒毛和牛のみを使用。

塊肉を秒単位で焼いては休ませ、を繰り返すシェフ独自の〝100分焼き〞で色合いも温度も芯まで均一に、素材の力を逃さずに仕上げる。その未知の味わいに、虜になり、再訪を心に誓うこと必至だ。

個室はレンガが西部劇の舞台のような世界観

【いまが予約のチャンス!】

10月はほぼ埋まっているが、11月はまだ余裕あり。1日3組限定で、個室指定の場合は別途料金がかかる。
URL:https://omakase.in/ja/r/dt636599


月刊誌最新号では、ムードのある新店だけでなく、いま注目の新店を多数紹介している!

オープンして間もないお店も多いので、今がまさに訪れるチャンスだ!

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo