メンタルヘルスの改善に効果あり?日本人に身近な「アレ」が実は役に立つ!

「日本茶って飲むとホッとするよね」

そんなフレーズを耳にすることがある。温かな湯気が上るお茶から薫る、清々しい香りを嗅いだら心穏やかになった…という経験を持つ日本人は少なくないだろう。

でも、それって何故だろう?お茶の味わいが理由?それとも飲み方?

日常の仕事に忙殺され、癒されたい…と熱望する東カレ部員が「お茶を飲むと癒される理由」について真剣に考えてみた!


お茶が五感を呼び覚ます!「Itoen Ocha Experience」に参加したらお茶の真髄に近づいた


お茶の癒しについて興味を持ち、色々調べてみると面白そうなイベントを発見した。

そのイベントの名前は「Itoen Ocha Experience」。

このイベントは「おーいお茶」でおなじみの伊藤園が監修しており、過去に様々なイベントに出展して開催された人気企画。

新型コロナウイルスにより外出自粛を余儀なくされた今年の夏は、初めてオンラインで実施された。

これまでのお茶のイメージを覆す数々の体験ができるのに加え、とにかく癒される!と話題になっていた。

早速、体験してみることにした!


6つの段階に分けてお茶を楽しみ尽くす!癒されるためには環境づくりが大事だった!


取材当日。都内渋谷区の指定された場所につくと、そこにはモダンな一軒家が存在していた。

建物の1階部分に今年1月、お茶(日本茶)専門の茶食堂「SAKUU 茶空」がオープンしたJINNAN HOUSEだ。

さらに、イベントが行われる部屋に入ると、木のぬくもりを感じるカフェのようなお洒落な空間が広がっていた。てっきり、伝統的な和室のような場所なのだろうと想像していたので意表を突かれた。

すると「今日はよろしくお願いします」と、物腰の柔らかな40歳前後の男性が声をかけてくれた。彼は、伊藤園のティーテイスターという社内資格を有しており、本イベントで先生役を務めてくれるという。

今回のイベントでは、どんなことが体験できるのか聞くと…。

「1種類の茶葉で5つのメニューを作って楽しんだり、そのプロセスで徐々に五感が敏感になっていくことを感じ、心身のバランスを整えていきます」と教えてくれた。


お茶を楽しむための基礎作りは、瞑想で!


体験の始めには手のひらで茶葉を触り、香りを嗅ぐ。その後に軽く瞑想を行う。鐘の音を合図に、目を閉じ、ゆっくりと呼吸を整え、心を落ち着かせる。

「忙しい日常では、やるべき沢山のことや情報に追われ、活き活きと生きることを忘れてしまいがちです。その感覚を蘇らせるためには、一度立ち止まることが重要です」とティーテイスターは語る。

「ただ、美味しいお茶を飲む」というだけでなく、お茶を受け入れるまでに心と体を整えるこのプロセスこそが、この企画の肝なのか!

お茶を感じながら瞑想することで、感覚が研ぎ澄まされいていくのを感じる。

いよいよ体験がスタート!イベントが進んでいくうちにある変化が!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo