広尾駅から徒歩30秒!話題のお洒落横丁でハシゴ酒したら、満足感が凄かった!

7月20日にオープンした広尾のネオ横丁『THE RESTAURANT』。

話題の店が集まるお洒落横丁で、編集部員・岩崎がハシゴ酒を体験してみた。


広尾駅徒歩30秒の立地にある新スポット『EAT PLAY WORKS』の1・2Fに位置。

うなぎの寝床のように細長いビル内に話題の店舗が並んでいる。


【1軒目】蕎麦とお洒落な酒肴で一献
『むつ星』

「今日は最低3軒ハシゴする」と気合い十分の岩崎はまず通しで営業している1F『むつ星』にやってきた。

入りやすいカウンター席がまず目に入る、おひとり様も多い同店。


「スーパードライ生」¥600でまずはひとりで乾杯した岩崎は、「野菜おまかせ5種」¥600と「松露の卵焼き」¥700を堪能。

季節の野菜を使ったヘルシーで気軽につまめる天ぷら串はビールのおともに最高。卵焼きの上品な甘さにも癒されていた。


注文したメニューをいただく前にサービスで出される蕎麦湯は、ほっとする味わい。

ちなみに看板メニューの信州産の蕎麦粉のみを使用した十割そばは、丁寧にひいた出汁が香り高く、蕎麦の豊かな風味に日本の粋を感じる逸品。

だが、「ハシゴ酒の心得は1軒でお腹を満たさないこと」と軽め(!?)に卵焼きと野菜の天ぷらを食し、蕎麦を諦めた岩崎は2Fへ移動。


【2軒目】うちなんちゅ気分で乾杯しちゃう♪
『沖縄ストックストア』

蕎麦に後ろ髪を引かれながらやってきた2Fの『沖縄ストックストア』は、恵比寿『EBISUBASHI 珊瑚』と沖縄『BORRACHOS 那覇本店』のコラボ店。

沖縄の伝統料理をアレンジしたおばんざいと出汁のきいたおでんを提供している。


南国気分を味わえるフルーティーさが特徴の「グァバビール」のおともに、「沖縄風おでん」¥200~を注文。


昆布と鰹出汁をブレンドした「沖縄風おでん」はカウンターに陳列されており、店前にいい香りが漂う。


「おばんざい3種」¥1,200も人気。この日は、もずくショットと琉球オムレツ、軟骨ソーキ炙りなど沖縄の郷土料理をアレンジしたメニューが揃っていた。

うちなんちゅにおなじみのオリオンビールももちろんラインナップ。ゆるやかな雰囲気のなかに“沖縄の風”を感じる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo