1日20食限定!銀座のホテルで愉しめる“究極の朝定食”とは?

連日の暑さに夏バテ気味だという人も多いはず。とはいえこのご時世、免疫力の低下は一大事だ。

ここはひとつ、美味しくて元気になれる朝食で、朝から万全のエナジーチャージをしてみてはいかがだろうか。

そこで紹介したいのが、「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」内『現代里山料理ZEN HOUSE(以下ZEN HOUSE)』の「里山朝食」。

一品一品に生命力の源である日本の旬の食材を使い、ヘルシーなのに満足感いっぱい!ホテルでリッチな気分も味わえて、一石二鳥の朝食体験を早速チェックしよう。


枡に美しく配された15種の料理と白ご飯。魅惑の朝定食を堪能!

日本各地の旬食材を使用し、和食やフレンチなど様々な技法を調理に取り入れ、自然の恵みを最大限に生かす「現代里山料理」を提案している『ZEN HOUSE』。

こちらではこの8月から、毎朝限定20食でスペシャルなモーニングメニュー「里山朝食」を提供している。

一つ一つ小さな枡に配された料理は、旬の食材とシンプルな調理にこだわった15種類。

充実したおかずとお櫃に入ったご飯の組み合わせは、健康的にして超贅沢!まさに究極の朝定食を楽しむことができるメニューとなっている。

自然の豊かな恵みを感じられる無農薬野菜や卵を使用

「里山朝食」で使用する野菜は、長野県伊那市の有機栽培農家にしわきファームの無農薬野菜。

新鮮で瑞々しい野菜は、芯まで柔らかく本来の甘みと旨味が強いのが特徴なのだそう。

また朝食の定番の出汁巻卵には、同じくにしわきファームの「ネラの卵」を使用。ストレスの少ない飼育環境で放し飼いされている鶏の卵は、濃厚で旨味がたっぷり詰まっている。

極上の銀シャリのお供に『ZEN HOUSE』名物の肉そぼろもご賞味を

肉、魚、野菜とバランスのとれたおかずといただくご飯は、ふっくらと炊き上げられた山形県産の「はえぬき」。

国産生姜、北海道生醤油、徳島県産和三盆を使用した『ZEN HOUSE』名物の秘伝の肉そぼろとも合わせてご堪能あれ。

ちなみご飯はお櫃で供されるので、好きなだけいただけて大満足間違いなし。美味しくて“きちんとした”絶品朝食で、あなたも最高の1日をスタートさせよう。

ホテルでいただく究極の朝定食
1日限定20食の「里山朝食」はご予約をお忘れなく!

価格:2,900円(税込)
提供時間:7:00~10:00※予約制
内容:15種のお料理、お櫃ご飯(山形産はえぬき)、肉そぼろ、お味噌汁(茨城県美明豚の豚汁)、食後のお茶、茶菓子
※1日限定20食、ご宿泊向けではなく一般の方向けのご提供

【予約先】
URL:https://rsv.ebica.jp/ebica2/webrsv/
    rsv_plans/?cltid=e014007601&shop=21201&planid=158709

TEL:03-6260-6851(10:00~22:00)

15種のお料理(9月の献立)より10種を詳しくご紹介!


「和牛脛肉嬉野温泉豆腐」

甘辛く煮込んだ柔らかい和牛脛肉に嬉野温泉豆腐を添えた、すき焼き風の一品。


「岩手県産ホロホロ鳥の炙り焼き」

数少ない国産ホロホロ鳥を香ばしく焼き上げた炙り焼き。


「鰆西京味噌焼き」

脂がのった鰆をまろやかな西京味噌で漬け込んだ西京焼き。朝はやっぱりお魚!


「ネラの卵出汁巻き」

長野県産大豆を食べ、放し飼いで育てられた鶏の「ネラの卵」。にしわきファーム自慢の質の良い卵を、上品な出汁巻きで。


「切干大根」

素材の風味を生かして炊き上げた宮崎県産切干大根。


「おから」

国産大豆のおからを和田九鰹出汁であっさり味付け。箸休めにぴったりの一品。


「江戸菜と菊花のお浸し」

江戸菜と菊花の風味を残し上品に羅臼昆布の出汁と和えたおひたし。


「金糸瓜土佐酢和え」

金糸瓜の食感を残しつつ、和田九鰹出汁とりんご酢で仕上げた土佐酢和え。爽やかな酸味が絶妙。


「加茂茄子田楽」

香ばしく焼き上げた加茂茄子に仙台味噌でブレンドした特製味噌を付け合わせて。


「鳴門金時キャラメリゼ」

ブランドさつまいもの「鳴門金時」を低温でロースト。ほろ苦く仕上げた表面の焼き色も格別。

『現代里山料理 ZEN HOUSE』 について

『ZEN HOUSE』は、自然の恵みを最大限に生かした「現代里山料理」を提案するお店として、今年3月にオープン。

守っていきたい日本の食文化「里山思想」※を体験できる、どこか懐かしくも新しい出会いや発見の場所として、日本全国津々浦々の良いもの、守るべき「食」を厳選し、世界に発信している。

※「里山思想」とは:その土地の恵みや伝統を大切に、守り伝えていく思想

お酒が楽しめる「角打ち」も。モダンな空間で日本の「美味」を楽しんで

ダイニング内のアイコンとなる黒の漆喰で仕上げたカウンターは、日本各地から厳選した日本酒や焼酎、またお酒と相性の良いあてを気軽に楽しめる「角打ち」スペース。

ここは食事の際だけでなく、女性のお一人客やホテル宿泊者が立ち寄ったり、他店での食事後の一杯など、様々なシーンで気軽に使うことができるのが魅力。

内装を彩るのは、書道家が心を込めて描いたアートワークや、ダイナミックな盆栽のオブジェ、日本文化や歴史を感じる陶器や家具、暖簾など。

日本文化に現代的アレンジを加えた独特の世界観は、外の喧騒とは別世界のゆったりとした時間が流れる、上質な異空間を形成している。

■店舗概要

店名:現代里山料理 ZEN HOUSE
住所:中央区銀座5-11-1 ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京 B1F
営業時間:朝食 7:00~10:00(要予約)
     ランチ 11:00~15:00
     カフェ 15:00~17:00
     ディナー 17:30~22:00(要予約)
※新型コロナウィルスの感染拡大防止対策として時短営業。変更になる可能性あり
電話番号:03-6260-6851
席数:ダイニング 68席/半個室あり
HP:https://satoyama-zenhouse.com/

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo