日本初上陸!ハワイで“ネクストパンケーキ”と称されるクレープ専門店が自由が丘にオープン

今、ハワイで“ネクストパンケーキ”として熱い視線を集めている食べ物……それがクレープ。

食事系からスイーツ系まで多彩なクレープの数々で、地元民やハワイ通を魅了中のお店『Crepes No Ka ‘Oi(クレープ ノカオイ)』をご存知だろうか。

そんなハワイ・オアフ島発のハワイアンクレープダイナーの日本第1号店が、6/20にオープン!

ボリューミーで家庭的なクレープは、朝食やランチにもぴったり。まだ見ぬクレープの魅力とハワイの風を感じに、ぜひ訪れてみてほしい新店だ。


地元民(ロコ)に愛されるハワイアンクレープの名店が自由が丘に上陸

海外初出店となる『Crepes No Ka ‘Oi(クレープ ノカオイ)』の出店先は、東京・自由が丘。

オアフ島の静かな街カイルアに、クリスとカケイという夫婦がオープンしたこのクレープハウスは、味はもちろんそのアットホームな雰囲気も人気の秘密。

自由が丘店も、テラスではペットと一緒に食事が楽しめるなど、洗練された大人な街並みぴったりな佇まいで、連日賑わうこと間違いなし。

ハワイでのイベント出展の様子

ハワイのクレープブームを牽引する『Crepes No Ka ‘Oi』

ハワイのローカルフードの一つであるパンケーキ。しかし近年、現地では“ネクストパンケーキ”としてクレープにも注目が集まっている。

『Crepes No Ka ‘Oi』は、そんなパンケーキブームその火付け役。

2009年には、ハワイの新聞社主催のレストラングルメ大賞「イリマ・アワード」のほか、地元マガジンのベストクレープ賞等、多数の賞も受賞している。

食事にも最適!多彩なメニューで飽きのこない絶品クレープを堪能

ハワイ語で「最高」を意味する店名の通り、ローカルで新鮮な食材のみを使用して最高のクレープを提供してくれる『No Ka ‘Oi』。

もっちりとした甘さ控えめの生地と、多彩な食材が織りなす逸品には、まだ知らないクレープの魅力が詰め込まれている。

自由が丘店では、ハワイでの定番メニューはもちろん、日本独自メニューやベジタリアン向けクレープも用意。

さらにグルテンフリーのガレット生地への変更など、おいしさと健康を両立したサービスで、誰もが楽しめるお店として親しまれるはずだ。

食事系からスイーツ系まで、お店おすすめメニューをご紹介!

※価格はすべて税抜

◆Breakfast Crepes

提供時間:7:00~11:00
※朝食の時間帯には1杯ドリンク付き[コーヒー(ice/hot)、紅茶(ice/hot)、もしくはオレンジジュース]

「Southwest(サウスウェスト)」

価格:1,240円

じっくりとソテーされたオニオン、ベーコンに、フレッシュな卵やトマト、まろやかでコクのあるチーズが加えられたボリュームたっぷりの食事系クレープ。

クレープの上にはサワークリームと香味のある爽やかなサルサソースが添えられ、後を引く味わいが楽しめる。

【内容】
チーズ/スクランブルエッグ/ターキーもしくはハム/トマト/オニオン/コリアンダー/サワークリーム/サルサソース

◆Savory Crepes

「Tiki Torch(ティキ トーチ)」

価格:1,360円

チキンや、バターでソテーされた甘みのあるオニオン、フレッシュなホウレン草やトマトなどが入った、食事としても大満足のクレープ。

甘く爽やかなバジルと、香ばしいマカダミアナッツのペーストソースが、クレープにコクと甘みをプラス。バルサミコ酢のまろやかな風味と酸味が絶妙なアクセントに。

【内容】
バジル/マカダミアナッツペースト/チキン/ホウレン草/トマト/オニオン/バルサミコ酢


「Island Cubano(アイランド キュバーノ)」

価格:1,360円

パイナップルジュースで煮込んだ、キューバスタイルのポークが入った食事系クレープのひとつ。

ポークはとろけるほど柔らかく、口に入れるとジューシーな肉の旨味とフルーツの甘酸っぱさが口いっぱいに広がっていく。まろやかなチーズとマスタードの酸味のバランスを楽しんで。

【内容】
スイスチーズ/パイナップルポーク/ハム/ホースラディッシュ/オニオン/コリアンダー/マヨネーズ/マスタード


「Vegetarian(ベジタリアン)」

価格:1,240円

マッシュルーム、ホウレン草、フレッシュな卵やトマト、あめ色になるまで炒めたオニオンなどをじっくりとバターでソテー。マイルドなチーズでまとめられた濃厚かつボリューミーな一品。

添えられたガーリックバターがコクと風味を強調。具材が野菜のみとは思えないほど、しっかりとした食べ応えを堪能できるのが特徴。

【内容】
チーズ/マッシュルーム/ホウレン草/トマト/オニオン/ブラックオリーブ/ガーリックバター

◆Dessert Crep


「Hawaiian Sugar(ハワイアン シュガー)」

価格:800円

クレープに、溶かしバターとフレッシュレモンジュース、きび砂糖を加えたスイーツ系クレープ。

頬張った瞬間に広がる、優しいきび砂糖の甘さとレモンジュースの甘酸っぱさ、バターのじゅわっとしたコクと芳醇な香りがたまらない。

【内容】
厳選きび砂糖/フレッシュレモンジュース/バター


「Temptation in Paradise(テンプテーション イン パラダイス)」

価格:1,110円

ブラウンシュガーで焼き上げた、あつあつでスパイシーな自家製シナモンアップルに、冷たいバニラアイスクリームとクラッカーを添えて。

交互にやってくる冷んやりアイスと温かいアップルの美味しさや、ザクザクとした食感がクセになる一品。

【内容】
ブラウンシュガーで焼き上げる自家製シナモンアップル/全粒粉クラッカー/バニラアイスクリーム

◆Exclusive Crepe(自由が丘店限定)


「Big Luck(ビッグ ラック)」

価格:1,240円

日本人に馴染みのある和菓子「いちご大福」をイメージした限定クレープ。フレッシュでジューシーなイチゴの酸味と、あずきの上品な甘みが絶妙にマッチ。

また、トッピングされたコシヒカリアイスが、ひんやり・つぶつぶな歯ざわりと、優しいコクとまろやかさをプラスしている。

【内容】
あずき/コシヒカリアイス/イチゴ/ぎゅうひ


「French in TOKIO(フレンチ イン トキオ)」

価格:1,240円

自由が丘の街に縁の深い、“フランス”を意識してつくられた限定クレープ。

ワインで煮込んだ上品な甘さのイチジクのコンポートに、バニラアイスとはちみつのまろやかさ、ブルーチーズの濃厚な塩気が融合。コーヒーはもちろん、ワインなどのお酒にも合う大人な逸品。

【内容】
イチジクの赤ワイン煮/ブルーチーズ/クルミ/はちみつ/バニラアイス

朝食からディナーまで。シーンを選ばないオールデイ“クレープ”ダイニング

本場ハワイの『Crepes No Ka ‘Oi』の素晴らしいメニューや、店舗を包み込むおいしい香り、ゆったりした雰囲気をそのまま日本で提供したい、と、このたび海外初出店が実現。

出店場所は、都会の賑やかさと生活感が程よく融合し、おしゃれなカフェやレストランが根付く自由が丘。朝食、ブランチ、ランチ、アフタヌーンティ、ディナーといった様々なシーンに対応し、7時~21時までオープン。

さらに、ペット連れでも楽しめるよう、テラス席はペットOK。どんな時に、誰と訪れても満足できる『Crepes No Ka ‘Oi TOKYO』に、自由が丘民ならずとも要注目だ。

■新店概要

店名:Crepes No Ka ‘Oi TOKYO
住所:世田谷区奥沢2-37-10
営業時間:7:00~21:00(フード L.O.20:00、ドリンク L.O.20:30)
定休日:不定休
電話番号:03-5726-9904
席数:35席(店内 25席/テラス 10席)犬用リードステーション有り
※感染症対策のため、混雑状況により席数は変動する可能性あり
(混雑状況を公式Instagramにて随時アップ)
Instagramアカウント:@nokaoitokyo
URL:https://nokaoi.therestaurant.jp/

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo