漆黒のルーにほろほろ牛肉。洋食を極めたシェフが作るビーフカレーが絶品!

奥深いコクに、豊かなスパイスの香り。ふと食べたくなる、洋食屋さんのカレーライス。

今年2月「NEWoMan新宿」2F エキソトにオープンしたのが、グルメカレーが楽しめる「咖喱屋ボングー」。

同店のシグネチャーメニューは、洋食を作り続けて40年のシェフが満を持して挑んだ「贅沢ビーフカレー」だ。

その美味しさの秘密を紐解いていこう!

「贅沢ビーフカレー」3つのこだわりとは?

1.スパイスが効いた“漆黒のルー”

味の決め手は、玉ねぎを飴色に炒め、小麦粉を焦げる寸前まで炒って作る“漆黒のルー”。

火入れ加減の見極めは、熟練した料理人だからこそできる事。そこに2種類のブイヨンや、カルダモン、クローブをはじめとした10数種類もの挽きたてスパイスを加え、手間を惜しまず48時間もの時間をかけて仕込む最高峰のルーなのだ。

2.ほどける柔らかさの“牛ほほ肉”

脂と食感のバランスがよい牛ほほ肉を贅沢に使用。

赤ワインと香味野菜、スパイスに一昼夜漬け込んでから低温でじっくり煮込むことで、口に入れた瞬間ほろっとほどける柔らかさになり、噛むほどに旨味を感じる事ができる。

3.旨み・甘み・粘りのバランスがよい“あきたこまち”

カレーに欠かせないライス。あらゆる品種を試行錯誤し、選び抜いた”あきたこまち”を、旨みを残すようにやさしく研いでから丁寧に炊きあげている。

ひと粒ひと粒が立っている極上のライスは、カレーに寄り添いつつ、おいしさを倍増させる名脇役だ!

「咖喱屋ボングー」の絶品カレーメニューをご紹介!

※価格はすべて税抜


「贅沢ビーフカレー」

価格:牛肉150g 1,600円/300g 2,400円/450g 3,200円

「咖喱屋ボングー」の看板メニュー「贅沢ビーフカレー」。

フレンチの技法で作る本格的なデミグラスソースに、多種多様なスパイスを最上のバランスでプラス。

さらに赤ワインでマリネしてから低温でじっくり煮込んだ、ほろほろの牛ほほ肉がたっぷり入った一品。


「カツカレー」

価格:1,600円

濃厚な“漆黒のルー”とのバランスを考え選び抜いた厚切りの豚ロースに粗挽きの生パン粉をまぶし、香ばしいカツに。

カレールーのコクと、サクッとジューシーなカツの組み合わせが絶妙!


「贅沢ビーフカレー(とろとろチーズトッピング)」

価格:牛肉150g 1,750円

あつあつのルーが入ったスープボウルに、とろとろのチーズをトッピング。コクと口当たりがアップ!


「ミックス贅沢ビーフカレー(カニクリームコロッケ&ゆで卵トッピング)」

価格:牛肉150g 2,100円

「贅沢ビーフカレー」に、とろとろのカニクリームコロッケと竹鶏ファームのゆで卵をトッピング。

カニクリームコロッケは、お好みでルーと混ぜるクリームソースとしても楽しめる!

「お持ち帰り TO GO 贅沢ビーフカレーパン」

価格:1個 400円

牛ほほ肉の塊がごろっと入った豪華なビーフカレーパンは、ここでしか手に入らない特別な味。

濃厚なカレーに負けない存在感のある、もっちりとした食感の自家製パン生地で包んだ一品は、冷めても美味しいのが嬉しいところ。

■店舗概要

店名:咖喱屋ボングー NEWoMan新宿店
住所:新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿 2F エキソト
営業時間:11:00~22:00
定休日:施設に準ずる
電話番号:03-5357-7477
HP:https://bon-gout-curry.baycrews.co.jp/

※6/6(土)時点の情報です。
現在、営業時間を短縮しております。ご来店時は店舗にご確認ください。

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo