“まるでバナナ”な一皿! クラファンで3,672万円を集めたレストランがサプライズに満ちている!

キャッシュレスやペーパーレスなど、今の時代の流れを捉えたレストランが「虎ノ門ヒルズ」に誕生。

一体、どんなお店なのか。2月のオープン直後に取材を行った!

絵画は現代美術家の名和晃平氏による作品「Direction」。一定方向に向かうモノクロのストライプが鮮烈な印象を与える。2つのアートと一皿一皿が、新しい世界へ誘ってくれる


鳴り物入りで誕生した、「虎ノ門ヒルズ」のモダンフレンチは新しい体験に満ちている
『sanmi』

その額、3,672万円。クラウドファンディング飲食部門の資金調達額が日本一というから、食通からの期待は相当なもの。

『sanmi』という名は、店のコンセプトに由来。昨今、フレンチでは旨味が注目されがちだが、酸味を主軸に旨味と塩味が三位一体となることで新しい体験を提案するという。

バナナジュースをゼリー状に固めた下には、フォアグラのムース。カカオニブとアマレットのジュレソースで味付け


月替わりの完全予約制のコース¥8,333(税込)は、個性の異なる若手実力派3人のシェフによるフュージョン。

たとえば、このバナナの一皿は「アンディ・ウォーホル」と、大人がニヤリとするネーミング。

一皿ごとに驚きがあり、最後まで飽きさせない構成だ。


野菜の一皿の仕掛けはソース。掛ける前は透明なのに皿の上で赤くなり、旨味と酸味が加わる。


鹿肉のステーキは濃厚な鹿のジュ、生胡椒の塩水漬け、イカの塩辛のピュレと3つの味で楽しめる。

料理だけでなく、空間もアーティスティック。壁面にはトランクが一面に飾られている


ペアリング¥5,333~(税込)でいただくと、味わいはさらに広がり、他にはない経験ができる。

天井高でセンスのある空間。そこにアートが飾られた空間は唯一無二。

キャッシュレスなど、今の時流を踏まえた体験や、コースを通して驚きのある世界観は、非常に新しい。

令和ならではの、ユニークな食体験を是非。

予約はこちらのLINE@アカウントから。ID:@sanmi3

月刊誌最新号は「大人しかいない隠れ家」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は2/21(金)から。



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる 「神泡サーバー」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo