辛いより旨みたっぷりの麻婆豆腐!銀座でリッチにモダンチャイニーズ!

「陳麻婆豆腐」

〆の定番は「陳麻婆豆腐」 ご飯との相性も抜群だ

「陳麻婆豆腐」はコースの締めの定番料理のひとつ。具材から引き出された旨みとコク、上品な辛味と山椒などのスパイスのいい香りが一体となって調和する見事な一皿である。

柔らかくもしっかりとした食べ応えを与えてくれる絶妙な食感の豆腐は、木綿と絹ごし豆腐の中間の柔らかさをもつ特注品。

そこに粗めに挽いた群馬県産もち豚の挽肉のゴロッとした食感が重なり、箸の止まらぬ美味しさを生み出している。

ご飯にワンバウンドさせながら味わおう

こちらはテーブル単位でなく、個人ごとに辛さの調節も可能な一皿。

激辛好きも、辛さが苦手な人に合わせることなく、それぞれ好みの辛さで楽しむことができるのも嬉しい。

「ズワイ蟹と卵の炒め ふわふわスフレ仕立て」(1,600円)

コースはお好みで追加・変更も可能なのも嬉しい

またコースはお客様の要望で色々とアレンジも可能なのも『東京チャイニーズ一凛』の魅力。

例えば、コースに入っていないアラカルト料理を食べたい場合は、予約時に相談すれば追加・変更することも可能なのだという。

なかでも「ズワイ蟹と卵の炒め ふわふわスフレ仕立て」はコースに追加する人も多い人気の一品。

メレンゲ状に泡立てた卵白と、味を入れた卵黄を混ぜ合わせ、鍋の中でズワイ蟹とサッと炒め合わせていき完成。

ふわっとした食感とズワイ蟹の旨みが合わさり、スルスルと胃におさまり、あっという間に完食できてしまう。

コースの〆は、麻婆豆腐だけでなく麺料理や炒飯になることも

グループで中華料理を味わう時に課題となる辛さ問題や、好みの違いも全てフレキシブルに対応してくれる『東京チャイニーズ 一凛』。

デートでの利用はもちろん会食や接待にも重宝すること間違いなしの名店だ。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo