11月29日オープン!シャトーブリアンとサーロインを一度に楽しめる「Tボーンすき焼」を味わおう!

好きなおちょこを選ぶのも楽しい

レアな日本酒と和牛のペアリングに悶絶


もうひとつ、『柿安 花れ』が力を入れていることがアルコールとのペアリングだ。

“ワイン×肉”のペアリングはよくあるが、ここではそれに加えて“日本酒×肉”、“ワイン&日本酒×肉”という実に3パターンものペアリングを用意。

ゲストそれぞれのリクエストに合わせて、きめ細かに対応してくれるのだ。

圧巻は『柿安』創業の地である三重県から取り寄せたレアな日本酒のラインナップ。

「而今(じこん)」「半蔵」「八兵衛」…etc.

伊勢志摩サミットで飲まれた銘柄など、背景のストーリーを聞くのもひとつの楽しみだ。

最近はワイングラスで日本酒を飲むゲストも増えているということで、おちょこ以外にワイングラスで供することもあるとか。

「三重ブランド」のシンボルマークであるタグが付いた状態で、一度客席へと運ばれる伊勢海老

三重県直送の極上海鮮素材も楽しみのひとつ


さらに胃袋をつかまれるのが、採れたて直送の三重ブランド伊勢海老に桑名名物のはまぐりなど旬の極上素材も揃えられているのだ。

各個室に備えられた無煙ロースターにて、料理長自らじっくりとその場で火入れをしていく様子を見ることができるのも嬉しい。これぞ、究極の“シェフ・ザ・テーブル”といえるだろう。

はまぐりが焼き上がるのを待つのも、楽しい時間だ


あわびや松茸など、移ろう季節に応じた旬の食材はどれも一級品ばかり。記念日などのスペシャルなディナーやビジネスディナーなど、もてなしたい相手との会食には、ぜひともオーダーしたいところだ。

都心のド真ん中とは思えない静謐な時間が流れる個室

接待でも喜ばれること間違いなしの個室。こちらは6名まで入れる


『柿安 花れ』の内装を手がけたのは、六本木ヒルズ ウェストウォーク5階のリニューアルを担った小坂竜氏が担当。和のイメージを感じさせながら、料理や彩られた花々が引き立つシンプルな空間は、足を踏み入れた瞬間に落ち着くから不思議だ。

また、店名とロゴは国内外で活躍中の美人書家、紫舟氏が手がけており、既存の『柿安』の料亭にはない完全オリジナルだという。

その他、店内のフラワーデコレーションは洞爺湖サミットでも活躍した花人、赤井勝氏が担当するなど、細部に至るまでこだわっている。

目の肥えた大人たちが集うにふさわしいラグジュアリーな空間は、デートはもちろん、ビジネス会食にも最適。

「変化するものだけが生き残れる」

進化論を唱えたダーウィンの有名な言葉だが、これは飲食店の世界とて同じこと。

老舗の『柿安』が仕掛ける新たなすき焼の世界を、ぜひ一度堪能してみてほしい。

天井では、紫舟氏が描いたドラゴンが存在感を放っている

柿安 花れ

港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー ウェストウォーク 5階
0120-33-1129

【月曜~金曜】
ランチ:11:00~15:00(L.O.14:00)
ディナー:平日17:00~23:00(L.O.21:30)
【土曜・日曜・祝日】
ランチ:11:00~15:00(L.O.14:00)
ディナー:17:00~22:00(L.O.20:30)

メニューは変更になる場合があります。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo