青山の夕暮れはここで決まり!涼やかにセレブ気分が味わえる夏限定テラスを知っておくべき!

うだるような暑さをも涼やかにしてくれそうな洗練された街、青山。そんな青山に海外感たっぷりの期間限定テラスがあるのをご存知だろうか?

少し気温が下がる夕暮れ時に訪れれば、サンセットが見られて、気分はもうプチセレブ。

たまにはエアコンが効いた店内ではなく、青山の風を感じながらシャンパンなんていかがだろうか?


海外感溢れる秘密のテラスで “泡”を片手に夕涼み
『YAKIYAKIさんの家 OMOTESANDO』

エレガントでスタイリッシュな街、青山は日常を非日常に切り替える効果的なスポットがいくつもある。それも、この街の魅力。

例えば、『YAKIYAKIさんの家 OMOTESANDO』。18時を回ってもまだ明るい、夏の夕暮れに訪れれば、スイッチとなる最高の装置が待っている。

期間限定でレストランが設けるテラスが屋上にあるのだ。全方位で街が見渡せる、特等席から望むサンセットは驚くほど美しく、開放的。

国産F1サーロインステーキ120g¥3,000~、仔羊骨付ロースのグリル¥2,800。英国マルドン海塩のほか、肉に応じて各種マスタードも用意。


茜色に染まる青山を眺めているだけで、心身がリセットされていくのを感じられる。オーダーは肉料理がマスト。

鉄板とグリルを用意し、種類や部位に応じて使い分ける、この店のスペシャリテだ。

今日はグリルで香ばしく仕上げるサーロインステーキと、塊のままグリルで丁寧に焼くラムチョップをチョイス。

ミニモエ1本¥3,800。フルーティでまろやか。店内はアットホームで落ち着く。


豪快に盛り付けられたひと皿を前に、テンションが上がったら、迷わず「ミニ モエ」を。これはメゾンのアイコン的存在「モエ アンペリアル」を封入した200mlのミニボトル。

仲間たちと乾杯すれば、いつものワンシーンが華やかに。フルーティでまろやかな味わいは肉料理ともバッチリで、明日に向かうモチベーションも湧いてくる。

青山の街が持つポテンシャルの高さを改めて実感するのだ。

YAKIYAKIさんの特製旬彩サラダM¥1,400。ドレッシングは3種が必ず登場。パルメザンチーズはお好みで。

セレブな夕方を過ごして、夜になってもムード満点。青山のアイコンともいえる青山セントグレース大聖堂の輝きがロマンチックだ。

本日発売の月刊誌「東京カレンダー9月号」はお洒落な大人しかいない「青山の夜」を特集!

「青山の夜」を体験してこそ大人です!

東京屈指のお洒落な大人が、青山の夜に吸い寄せれれていく!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は7/21(土)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo