新橋ストーリー:男の“35歳”は人生の岐路。親友が親友でなくなる瞬間が男にはある

無数の飲食店が軒を連ね、多くのサラリーマンが集う街・新橋。

この街には、そこにいる人の数だけドラマがある。これは、35歳を迎えたふたりの独身男性の物語。

大手都市銀行の法人営業部に所属する秀隆と、広告代理店でプランナーをしている櫻井。

偶然の再会から、この日の会合が実現した。

同じ35歳だが、テンションの違いは明白。その違和感の根底にあるものは何なのだろう。

日本酒を頼むと、店の人が一升瓶で注ぎ、目の前に置いた。すると櫻井が携帯を取り出し、おもむろに日本酒の写真を撮り始める。何回も切られるシャッター音にあっけにとられていると、櫻井が言った。

「インスタ用だよ。オレのフォロワー数5千超えだからさ、割とマメに更新してんの。見る?」

嬉しそうに見せられたインスタ画面には、豪華な料理や高そうなシャンパン、女の子とのパーティーらしき写真がずらりと並んでいた。

プロフィール欄には『某広告代理店プランナー。みんなが知ってるCM・イベント多数制作。』と書かれている。

「何か…派手だな」

コメントに困った僕は、とりあえずそう言ってみたが、櫻井は特に気にする様子もなく、そう? と言うと携帯を置き、お造りに箸を伸ばした。

何の話だったっけ?と言いながら、ああ、と思いだしたように話し始めた。

「ふと気づいたんだよね。大学のサークルの仲間で結婚してないのって、俺とヒデだけじゃん?だから、銀座でばったり会ったの、ホント嬉しくてさ。独身仲間として、これから一緒に遊べたらいいな、ってさ」

言葉通り、本当に嬉しそうに言った櫻井に、僕は一瞬とまどってしまった。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo