「この先ずっと恵比寿を使い続けますか?」恵比寿男子11人がリアルに答える!

根強い恵比寿ユーザーはもちろんのこと、初心者が訪れても安心して楽しめる、それが恵比寿の魅力のひとつだ。

そんな恵比寿に通うのは、これからもずっと?それとも今だけ?

「デートもお食事会も全部恵比寿」と恵比寿に最も近い存在である、エビダン達に本音を聞いてみた。

服部竜大さん/PR会社勤務


【NO】
「この歳まで恵比寿を愛してきたから、この先もずっと愛し続けますよ」

恵比寿は出入りするアパレルのオフィスも多いという。そのため、仕事繋がりの人と飲む機会も多い。駅から離れれば静かな店も多いので、いくつになってもやめられない街だ、と話してくれた。

山本 真一郎さん/広告代理店勤務


【NO】
「港区で勝負に出る日はこないです。恵比寿で一番なら無敵なようなものでしょ」

西麻布まで足を運び、知らない店で背伸びするよりも、恵比寿にあるなじみの店が落ち着ける。自分が自然体でいられる街で遊ぶほうが居心地がいい。それは店選びにも言えることなのだろう。

清水慎一郎さん/経営コンサルタント


【YES】
「いつも恵比寿で飲んでる友人たちが全員結婚したら、港区に行くかな」

“大人”になる日が来るまでは、ずっと恵比寿にいそう、と予想する清水さん。ただ、それはこの街に一緒にいて楽しい仲間が多いからこそ。周りが遊んでくれなくなったら、港区に移動するかも?

山下顕人さん/商社勤務


【NO】
「ずっと恵比寿でいいんじゃない? いや、ポジティブな意味ですよ」

会社飲み、お食事会、会食、デート。そのどれにも対応できる以上、やはり恵比寿が最強だという。「わざわざ他のエリアに行くメリット、あります?」そう自信満々に言い切った。

鈴木啓史さん/商社勤務


【NO】
「西麻布とか、遠いじゃないですか。行って目黒かな?僕は恵比寿で十分です」

学芸大学に住む鈴木さんは、とにかく交通アクセスが良いので、恵比寿によく訪れるという。夜食を買うのも美容院も恵比寿。手の届く範囲で完結できる、何でも揃うこの街を離れる理由は、見つからないようだ。

保坂一誓さん/商社勤務


【YES】
「恵比寿って社会人1年目感が否めない。もっと静かな代官山でデートがしたい」

23時ごろの駅前の喧騒を見ると、この街は若いなって思うこともあるという。ワイワイ飲むのも楽しいけれど、そろそろ自分だけの隠れ家が欲しい…そんな考えもふと頭をよぎるようだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo