黄金いくらって知ってる?お腹いっぱい絶品いくらを堪能できる新店が登場!

SNSで話題を集め、常に行列の人気店が、2017年12月にオープンしたサーモン丼専門店『熊だ』である。

鮮度抜群のサーモンはもちろん、こだわりのいくらやうにまで全てが旨い!

絶品の醤油漬け国産いくらと、貴重な黄金いくらを、丼から溢れんばかりに盛りつけた丼は圧巻!

さらにお酒好きも注目したいスポットなのだ!この新店の魅力を余すところなくお伝えしよう。

「黄金いくらと国産いくら丼」(2,980円+税)

黄金いくらと国産いくらが競演する美しい丼が絶品!

2017年12月にオープンしたサーモン丼専門店『熊だ』。すでにその美味しさとお得さが話題となり、行列のできる人気店となっている。

なかでも注目は「黄金いくら」を味わえるところ。黄金いくらとは別名「食べる宝石」とも呼ばれる魚卵界の王様である。

その正体は、尺ヤマメの卵。普通のいくらの親である鮭は、海に下りカニやエビなどを食べ赤い色素を取り込むが、ヤマメは渓流で育つ川魚のため色素が入らず、卵本来の色を保ち黄金色に輝くのだ!

なかなか味わえない珍味である「黄金いくら」

2つのいくらの食感の違いを味わって

「黄金いくら丼」(3,980円+税)を注文するのもいいが、今回は国産いくらと食べ比べが楽しめる「黄金いくらと国産いくら丼」をオーダー。

黄金いくらは、通常のいくらに比べると、歯ごたえがありプチンとハリがあり、口の中で勢いよく弾けていく食感が堪らない。

黄金いくらは貴重なため、通常のいくらの3倍高級品なのだという。ぜひ一度は味わってみて欲しい逸品だ。

「サーモン三種食べ比べ丼」(1,580円+税)

程よく脂がのった鮮度抜群のサーモンが絶品!

店名に「サーモン丼専門店」と冠す同店では、やはりサーモンも味わいたい一品である。まずはノルウェー産サーモンと信州サーモン、シナノユキマスの三種を味わうことができる「サーモン三種食べ比べ丼」を紹介しよう。

洋食品種である信州サーモンは、肉のきめ細かさが特徴で、しっかりとした旨みを感じられる。サーモンとは思えないビジュアルの「シナノユキマス」は、柔らかくあっさりとした味わいである。

鮮度を保つためその日使う分だけを捌く

国産サーモンは水揚げの際に「活け締め」、「神経締め」と呼ばれる鮮度維持のための処理を施し、ノルウェー産サーモンは氷漬けで空輸し、築地を通して仕入れられる。

そして、その日使う分のみを店頭で朝捌くことで、抜群の鮮度を保ったまま提供されているのである。

「いくら生うにサーモン丼」(1,980円+税)

種類も豊富!好みの丼を見つけよう

他にも「いくら生うにサーモン丼」や、「炙りサーモン丼」(980円+税)、「熊だ丼」(980円+税)などを揃え、何度訪れても違った味わいに出会えるのも嬉しい。

また、米は、北海道産の特Aのななつぼしを使用。ほかほかの白米の上にのった魚介は、さらに美味しさをアップさせ、口のなかで美味しさを爆発させてくれるのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo