本当にあるのか!? “皇居ランでの出会い”の実態に迫る!

日本有数のビジネス街、丸の内。その勤め人のスペックの高さ故、この街には、丸の内ならではの人種が多数存在する。例えば、仕事ができてルックスもよい。完璧に見えるキャリアウーマン。そう、通称“バリキャリ女子”!

一見すると、怖いもの知らずの彼女たちだが、意外や彼氏がいなかったりする。

同業だと対立、標準的な男性には一歩引かれてしまったり……そんな彼女たちの間では、とある出会いが話題だとか。丸の内ならではの健全な出会いの実態に迫る!

【PROFILE】福岡県出身の34歳。高校時代に米国へ留学経験あり。上智大学卒業後、外資系製薬会社へ就職。31歳でいま勤める外資系コンサルティング会社へ転職。この4月に所属する部署が丸の内の新オフィスへ移転。現在、月島在住

丸の内バリキャリ女子の恋愛は、パワーバランスが難しい

「男とつき合っているみたいだ」

元カレのその発言はかなりショックだった。つまり私が働き過ぎと彼は言いたかったのだ。そのころは今のコンサルに転職して3年。シニアアソシエイトからマネージャーに昇格する瀬戸際で、確かに頑張り過ぎていた。

当時社内恋愛していた元カレのことを走りながら考えていたのは、『ラフィネ ランニングスタイル』で偶然はち合わせてしまったから。挨拶はして、私は彼から30分遅れで皇居ランを始めた。

結婚を意識してつき合い始めたものの、外資系コンサルで働く者同士はお互いが強過ぎて結局1年で破局。それからまた仕事に没頭し、34歳独身。年収も1,300万円まで上がり、その数字は仕事で認められているという充足感をくれた。結婚願望はあるけれど、婚活はしていない。

そんな考えごとをしていたら、いつの間にか1周を走り終わっていた。皇居ランはリフレッシュの時間だけれど、今日はもやもやした気持ちが残る。

「2周め、一緒に行きませんか?」

息をきらして歩いていると、突然、後ろから男性ふたり組に話しかけられた。1周5kmもあるのに2周めは私には無理。

「行けませんよ(笑)」
「じゃあ、このあと近くで飲みませんか?」

これってもしかして噂の皇居ランナンパ?金融に勤める女友達は皇居ランサークルが縁で結婚したし、丸の内で働く女性にとって、皇居ランは恰好の出会いの場なのかも。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo