実録!リアル丸の内にゃんにゃんOLが出現する、噂のレストランたちはココだ!

東京カレンダーWEBの人気コンテツのひとつ、したたかな腰掛けOLを題材とした「にゃんにゃんOL物語」。今回は、よりリアリティを追求すべく、丸の内に勤務するOLを徹底リサーチ!

そこで得た解答を元に丸の内にゃんにゃんOLの実態をストーリー仕立てでご紹介。彼女たちがガチで通うレストランが見えてきた!

【PROFILE】東京都出身の26歳。有名女子大学卒業後、父の会社と同じ財閥系の銀行へ一般職として就職。交際1年になる彼氏あり。結婚後は専業主婦になる予定


より経済力のある男性へ目を向けたくなるお年ごろ

秋の始まりの18時、夕陽が差し込む丸の内仲通りを彼氏と手を繋いで歩く。やっぱり彼氏が丸の内勤務じゃないと、この辺りで堂々とできて楽だ。元カレは同じ会社だったから丸の内デートは拒否されていた。

いまの彼はファッションの仕事をしていて、面白いし、優しいし、いつもお洒落。ただ気になるのは……もっと経済力のある男性はいるだろうってこと。彼氏としては楽しくても、結婚となると話は違う。

私、来月誕生日なんだけれど、万が一プロポーズされたりしたらどうしよう。なんて考えながら笑顔で彼を見上げる。

「へえ、こんなビルの中にマジックバーなんてあるんだ。雰囲気もレトロで丸の内っぽくない」

『マジックバー丸の内 十時』はみんなが「面白いよ」と薦めるから気になっていた場所。

席でお酒を飲んでいると、マジシャンさんがテーブルにきて目の前で技を披露してくれた。いきなりトランプが燃えたり想像を超えるマジックにふたりで大盛り上がり!

この店はマンネリ化したカップルでも会話が弾むと評判だったことに納得した。私たちも、いつもより仲よく過ごせたのだった。

実は私には密かな目標があって、それは主婦インスタグラマーになるということ。そうなると自分を撮影する時にハイブランドの洋服を着たいし、マンションの壁もきれいじゃないと。

主婦になる前に花嫁ブログをつけるのも理想。結婚式はやっぱり『パレスホテル東京』だろう。

たまにパンを買いにホテルの地下を通ると、『Hatsuko Endo』でウェディングドレスの試着をしているプレ花嫁さんを見かけて憧れる。私が目指すところは、あそこだなと自覚した。

そして結婚相手が丸の内のエリートならそれらの夢はすべて叶うように思えた。


生きてるだけで誘われる。それが26歳、美人OL

「今度4人くらいでランチしませんか?」

私が担当する窓口は仕切りのある半個室だから時々勤務中にお客さんに誘われる。好都合なのが業務上、相手の勤め先を把握できることだ。

有名証券会社なら行かない理由は見当たらず、「メールしますね」とさり気なく返答をした。彼の会社のPCに挨拶メールを入れるとすぐに返事がきて『ウルフギャング・ステーキハウス』でランチをすることが決まった。

ここでLINEじゃないところが軽そうに見せないポイント。女、26歳。高嶺なこの時期をふいにしたくない。若くてかわいいのは当たり前。それならその当たり前があるうちに、チャンスを掴みたい。

約束の日、お客さんとその同僚がすでに席に着いていた。同僚の方がイケメンだった。

「こんなに美味しいお肉初めて食べました!」

実はここ3回めだけれど、ここはそう答えておく。皿ごとオーブンで焼きあげた熱々のステーキをみんなでシェアしたら妙な一体感も芽生えた。

会は盛り上がり、次は4:4の拡大バージョンでお食事会をすることになった。

私とイケメンの彼が幹事になって、場所はリニューアルしたばかりの『レゾナンス』に決定。今月も忙しい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo