東京美食MAP 10の街 新宿、ワイン酒場の最前線 Vol.3

ナマハム

生ハム

ゆるさが上等。激安酒場の模範例

陽気がよくなれば、一番の特等席はやっぱり、テラス席。少々はしゃぎすぎたくなるのが玉にキズ

「何だかけったいな名前の店ができたよ」と誘われたのが、2年前。靖国通りを1本、東新宿側に入った辺りに、『生ハム』という名前の店がぽつりと浮かぶ。何せ、安い。つまみは290円のタパスに始まり、パスタだって590円から。スペイン産イベリコ豚の生ハムだって690円だ。肝心のワインは?グラスで280円から。ひとり3,000円使うのにさえ息切れするこの価格、今日びの価格競争でもダントツ逃げ切りに違いない。

だが新宿三丁目駅からも東新宿駅からも、新宿御苑前駅からも微妙な距離があるこの店、過密なほどは混まぬのも良い加減。通いつめるのは近隣の勤め人か、住民がほとんどという。そのせいか店内の空気感はほどよく、ゆるゆる。人数を揃えて宴会コースにしたら、ひとり2,980円で飲み放題付きとなる。「いい大人がそんな!」なんて、思うなかれ。振り上げた拳を下ろせなくなる、不思議な満足感を得られること間違いなし。

左.生ハムとイタリアン野菜のパエリア¥1,390

右.大盛り!タラバガニとブロッコリーのトマトクリームタリアテッレ¥1,090。とにかくがっつり!

左.左から、ラリナム・シャルドネカルドーラ¥4,300、ヴィニデルサ・ドゥーシエ・シュバリエ¥2,900、リヴァタ・バローロ¥4,900


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京美食MAP 10の街 新宿、ワイン酒場の最前線】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ