見ただけでテンションあがる!都内で大流行中のフルーツサンド8選!

いま大流行中!見ているだけでもテンションが上がるメニュー、それがフルーツサンド。

美しい断面、たっぷりの生クリームの間からゴロゴロと入った大ぶりフルーツがのぞく姿は、食べるのがもったいないほど!

今回は今食べておきたいフルーツサンドの名店を紹介しよう。

「フルーツサンド」(フルサイズ850円、ハーフサイズ480円)。※フルーツの内容は時期により異なる

名店『ペリカン』の食パン使用の絶品サンド『フルーツパーラー ゴトー』

旬のフルーツを存分に楽しめると人気の『フルーツパーラー ゴトー』は、1946年創業の老舗果物屋が開いたフルーツパーラー。現在は、三代目の後藤さんが先代のお母さんとともに営んでいる。

フルーツパフェと並んで人気なのが、1949年創業の老舗パンの名店である「ペリカン」から仕入れる食パンを使用して作る「フルーツサンド」。 バナナ、スイカ、2種のキウイ、パインの5つの味が楽しめる。

ペリカンの食パンがもつ優しい甘みと香りが、フルーツとクリームの甘さをほどよくアシスト。フワッと口から無くなっていく儚さに、何個でも口に運びたくなる。

(写真手前)「フツウニフルウツ」(350円)(写真奥)「ダブルバナナ」(350円)

1日250個売れる大人気フルーツサンドの新店『フツウニフルウツ』

表参道の人気店『パンとエスプレッソと』のサテライト店舗として、2016年10月にオープンしたのがこちらのサンドイッチの専門店『フツウニフルウツ』。

同店の看板商品は、店名を冠したフルーツサンドだ。フルーツをもっと身近に日常的に味わって欲しいという想いから誕生。

『パンとエスプレッソと』でサンドイッチ用に特別に作られるパンは、ふわふわとしていてもっちりとした食感が特徴。

生クリームはマスカルポーネときび糖で作られ、フルーツの美味しさを引き立てる味わいに仕上げている。

テイクアウトが基本だが、店前の三角テーブルで購入してすぐ食べる事もできる

「フツウニフルウツ」は、キウイ、ピンクグレープフルーツ、バナナ、オレンジの4種を使用。おやつはもちろん、食事としても楽しめるように作られているのも嬉しい。

「ダブルバナナ」は、バナナとオレンジをたっぷり使用。ダブルバナナというネーミングは、フレッシュなバナナと、バナナのコンポートの2種類を使用していることからこの名が付いたそう。

フルーツサンドは平日10時~、15時~、土日祝日10時~、13時~、15時~販売開始。多い日には1日250個も売れるという大人気フルーツサンドをゲットしたいなら、ぜひ午前中に足を運んでみて。

8切れが多い人には「フルーツサンド」(ハーフサイズ4切れ750円)がおすすめ。

老舗の味を継承!あの味にまた会える!『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』

赤坂にあるホットケーキパーラー『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』は、2012年3月に惜しまれつつ閉店した老舗『万惣フルーツパーラー』の味を継承するお店である。

同店がオープンしたのは、2013年4月。幅広い世代に親しまれてきた『万惣フルーツパーラー』の味を、守り続けたいという想いから誕生したお店だ。

ここの名物のひとつが「フルーツサンド」。『万惣フルーツパーラー』仕込みの美味しさと美しさを兼ね備えた一品で、アノ味をもう一度食べたいと遠方からも多くの人が訪れるという。

平日でも客足が絶えることなく満席になることも多いという

『万惣フルーツパーラー』では、今よりもフルーツは薄く切られていたが、『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』開業時にもっとフルーツの食感を楽しめるようにと現在の形になったという。

動物性と植物性の生クリームをブレンドした、甘さひかえめのクリームに、ハワイ産パパイヤ、キウイ、イチゴ(紅ほっぺ※時季により異なる)、エクアドル産バナナが整然と並ぶ様子は、一度見たら忘れられない美しさだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo