• PR
  • まるで一眼レフのような写真が撮れるスマホ登場!あらゆるデートシーンで実証してみた​

    あなたには、大切な思い出を一緒に紡ぎたい相手がいるだろうか?答えがYESの方には、何をさておいても手に入れていただきたいものがある。

    それは、HUAWEI(ファーウェイ)のスマートフォン「HUAWEI P10 Plus」。スマホでありながら、あのLeica(ライカ)のレンズが3つも搭載されており、誰でもプロ級の写真が簡単に撮れてしまうのだ。誰でもプロ級の写真が簡単に撮れてしまうのだ。

    1組のカップルのあらゆるデートシーンにおいて、その実力のほどをさっそく実証してみた。


    恋する二人には、思い出に残したい素敵なシーンがたくさんある

    今回密着したカップルは、東京で仕事も恋も順風満帆という幸せオーラ満点の爽やかなお二人。「とにかく美しい写真が撮れる!」という評判を聞きつけ「HUAWEI P10 Plus(以下、P10 Plus)」を購入し、使い始めたという。

    二人が写真にこだわる理由は、大切な人と過ごす時間はかけがえのない思い出の1ページ。そんな宝物のような瞬間だからこそ、超絶美しい状態で残したい。二人は、何気ない日常から特別なシチュエーションまで、ありとあらゆるシーンを「P10 Plus」で撮影しているという。

    レストランデートでも大活躍!
    雰囲気のある暗めな場所でもキレイな写真が撮れる

    美味しいものが大好きという二人は、レストランデートに出かけることが多い。照明がやや暗めの大人な空間で、美味しいお酒と料理を楽しむこともしばしば。

    そんな時こそ「P10 Plus」が大活躍!Leica(ライカ)のなかでも最高クラスのSUMILLUXレンズを搭載したダブルレンズカメラのおかげで、光が少ない環境でも、まるで一眼レフのような鮮明な写真が撮れる。ダブルカメラの1つで被写体のフォルムを確実に捉え、もう1つのカメラが色彩を整える。

    そんなテクノロジーが、こんなに薄いスマホの中で実現しているなんて、まさに驚きだ。

    こちらの写真は「P10 Plus」で撮影

    ローライト環境でも、美しい写真が撮れる。特に、このスマホカメラは、赤の発色がキレイ!
    ムーディーな雰囲気のレストランで供されるメインの肉料理も、シズル感たっぷりな1枚に仕上がる。

    こちらの写真は「P10 Plus」で撮影

    素材の美しさが映える、フルーツ・デザート系も大得意。つややかなソースがキラリと輝く。

    仕事帰りの夜景デート!
    あいにくの小雨模様だって平気

    仕事帰りに、東京の煌めく夜景デートを楽しむ二人。この時は、あいにくの小雨交じりの夜だったが、そんなの問題なし!遠くに浮かび上がる東京タワーの姿を「P10 Plus」で撮影したところ、肉眼よりもはっきり捉えられた。

    雨で濡れた路面には、並木の影が鏡のように反転で映り込み、何とも言えない幻想的な一枚を手に入れることに成功。
    これには彼女も思わずうっとりして、二人の距離も自然に近づいた。

    800万画素のインカメラで、セルフィ―もお任せ!

    二人っきりのラブラブな様子は、できれば誰にも邪魔されず、なおかつ綺麗に撮りたいところ。
    周りの風景が美しく撮れることはもちろん、彼女のとびっきりの笑顔も最高の状態で残したい!

    Leicaレンズを搭載したインカメラは、大型センサーが光を2倍取り込み、昼も夜もLeicaクオリティの素敵なセルフィー撮影を可能に。セルフィ―だからこそ残せる、二人だけのプライイベートショットをどんどん楽しみたい!

    空は真っ青!プールの水面が揺れる様までくっきり写る。

    海外旅行にカメラはもはや不要?!
    さあ、スマホ片手に颯爽と旅立とう

    今は、女性でも軽くて持ちやすいという一眼レフカメラが人気を集めているが、旅先で手荷物が大きくなるのは、ちょっと野暮ったい。
    そこで、二人は思い切って海外旅行の必須アイテム”一眼レフカメラ”を持たず、スマホだけで思い出記録をしてみた。予想以上に身軽で、気分もウキウキ!もちろん写真の出来栄えはバッチリ。

    さらに、「P10 Plus」はSIMフリー対応のうえ、SIMカードが2枚入るので、海外での煩雑な手続きは一切不要!旅行だけじゃなく、海外出張が多いビジネスパーソンにとっては嬉しい限りだ。

    こちらの写真は「P10 Plus」で撮影

    ふとした街並みの様子がキレイと感じられるのが旅の醍醐味。異国情緒が漂う、カラフルな装飾がまぶしい。コントラストが見事な一枚をゲット!

    こちらの写真は「P10 Plus」で撮影

    「こんなキレイな夕日見るの、いつぶりだろう?」そんな感動をそのままに、水平線が一直線に伸び、奥行きのあるスケールが大きい写真も、見事にしっかり撮れた。

    美しすぎる写真は、その瞬間の気持ちまでも鮮明に蘇らせる

    結婚パーティーで使う写真素材を探していた二人。「P10 Plus」の中におさめられた写真の数々を見返していたら、あまりに鮮明な写真のせいか、その当時の気持ちまでもが蘇ってきて、思わず微笑んでしまった。

    「P10 Plus」で撮った写真たちは、特別な編集を施さなくてもそのままスライドショーにするだけで、1篇の映画のようなクオリティになるのだ。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo