やっぱり夏にはカレーが食べたくなる!資生堂パーラーで絶品カレーフェア開催中!

一年を通して食べているカレーだが、一段と美味しく感じるのが夏!

カレー好きはもちろん、なんだか最近カレーが食べたくなってきたな……なんて思っている人たちに足を運んでほしいのが、『資生堂パーラー 銀座本店』で8/31(木)まで開催中の「夏のGINZAカリーフェア」。

レギュラーメニュー3種に加え、カレーソースをアレンジし、厳選素材を組み合わせた限定メニューも登場!

香ばしさと深いコクが食欲をそそる『資生堂パーラー』の極上カレーで、暑い夏を乗り切ってみない?

創業当初(昭和3年頃)の『資生堂パーラー』

代々受け継がれる、伝統のカレーソース

旨みが凝縮し、香り豊かなカレーソースは、『資生堂パーラー』の歴代シェフに受け継がれる伝統製法で生み出されたもの。

ルーはコクが出るように、玉ねぎ、しょうが、にんにくを上げてオイルに香りをうつし、小麦粉とカレーパウダーを入れ、ブイヨンで溶いてのばしているのだとか。

そうして、香ばしくてコク深い、『資生堂パーラー』伝統の唯一無二の逸品が作り上げられている。

まずは、フェア限定カレーをご紹介!

※価格はすべて税込み、別途サービス料10%を頂戴いたします
※写真はイメージです

「和牛三枚肉のプレミアムカリーライス」

価格:5,000円(税込)

きめ細かいさしの入った霜降りの和牛三枚肉が入った贅沢カレー。

赤身と脂肪が薄い層となって交互に重なっているのが特徴の和牛の三枚肉。その中でも特に柔らかい部位だけを選び、エスパニョールソースでじっくり煮込んで仕上げ。

とろけるような牛肉と玉ねぎの甘味を感じるカレーソースとの組み合わせは、まさに絶品!

「オマール海老と帆立貝のカリー サフランライスを添えて」

価格:4,900円(税込)

オマール海老と帆立貝の素材本来の甘みを生かすため、軽くソテーし、甘みに加え香りも引き立たせる。
そこに、甲殻類のうまみとココナッツの香るカレーソースを合わせて夏らしく。

魚介と相性の良いサフランライスを添え、鮮やかな見た目も食欲をそそる。

「岩手県産いわい鶏モモ肉のカリー ガーリックライスと共に」

価格:2,900円(税込)

甘味とコクが特長の岩手県産いわい鶏のモモ肉を、皮はパリッと中はジューシーに焼き上げてトッピング。

さらにスパイスを効かせた伝統のカレーソースと風味豊かなガーリックライスが、美味しさを引き立てる。

この美味しさは必食!定番メニューも食べ逃せない!

※写真は「ビーフカレーライス」

・「ビーフカレーライス」価格:2,880円(税込)
手作業で筋や余分な脂身を取り除き、柔らかく仕上げた牛肉を混ぜ合わせた、これぞ定番ともいえる絶品ビーフカレー。

・「グリルした野菜のカレーライス」価格:2,260円(税込)
カレーソースにじゃがいも、にんじん、たまねぎ、セロリを加えて煮込むことで野菜の甘味と旨味が溶けだした味わいは絶品!
旬の8~9種類の野菜をグリル、ボイル、素揚げにして、彩り豊かな盛り付けも必見。

・「トロトロに煮込んだ三元豚のカレーライス」価格:2,670円(税込)
三元豚を煮込んだブイヨンでスパイスや香味野菜を効かせたカレーソースを作り、ベースのカレーソースと合わせることで、よりスパイシーな味わいに。
ジューシーな三元豚の肉と脂身の旨味をより美味しく感じさせるソースとなっている。

■イベント概要

イベント名:夏のGINZAカリーフェア
期間:8/31(木)まで
場所:資生堂パーラー銀座本店
(中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル 4F/5F)
営業時間:11:30~21:30(L.O.20:30)
定休日:月曜(祝日の場合は営業)
※8/14(月)は臨時営業
電話:03-5537-6241
URL:http://parlour.shiseido.co.jp/?rt_pr=pl162

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo