もはや素材そのもの!桃の美味しさを口いっぱいに味わえるパフェはこれだ!

「山形県苺屋 佐藤さんの夏いちご「サマーティアラ」のパフェ」(1,230円)

夏のいちごだって美味しいんです!

いちごの旬と言えば冬から春ではあるが、同店では夏いちご「サマーティアラ」を使用したパフェを提供している。

「夏いちごは、ちょっと酸味が強いのでは?」と思うかもしれないが、酸味と甘みのバランスが程よく、暑い時期にぴったりの味わいだ。

いちごのコンフィチュールやアイス、ソースと上から下までいちご尽くし!ぜひこの時期に食べて欲しい逸品だ。

「フルーツサンド」(フルサイズ850円、ハーフサイズ480円)。※フルーツの内容は時期により異なる

名店『ペリカン』の食パンを使ったフルーツサンドも名物

1949年創業の老舗パンの名店である「ペリカン」から仕入れる食パンを使用して作る「フルーツサンド」も同店名物のひとつ。

バナナ、スイカ、2種のキウイ、パインの5つの味が楽しめる。

ペリカンの食パンがもつ優しい甘みと香りが、フルーツとクリームの甘さをほどよくアシスト。フワッと口から無くなっていく儚さに、何個でも口に運びたくなる。

オープンキッチンでパフェを作り上げるのはご主人の後藤浩一さん。

お得すぎる価格はご主人の心意気から

9年前に先代であるお母さんからこの仕事を引き継いだ現在のご主人である後藤浩一さんは、当時は本業のデザインの仕事をしながら、フルーツパーラーを営んでいたそう。

今は仕事はフルーツパーラーのみになったものの当時の名残もあり、価格はかなり安くしているという。

「例えば、家族4人で来ていただいてパフェを4つ頼んでいただいた時になるべく5000円を超えない価格にしたいなと思っています。」と後藤さん。

長年の信頼関係のある大田市場の仲卸や、直接生産者から仕入れたフルーツは、食べ頃になった頃に美しいパフェへと変身。その食べ頃を見極めが絶妙であり、しっかりとフルーツが熟した最高のタイミングなのだ。

美味しい上に、リーズナブルな価格で旬のフルーツを味わえる『フルーツパーラー ゴトー』は、この夏行きたいナンバーワンフルーツパーラーだ。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo