連載を探す

BARのカレー、飲み屋のカレー 深夜のカレートリップ
1990年代後半の西麻布界隈。主にバーのメニューにカレーが載り、 〆として、ツマミとして楽しむブームが起きた。あれから約20年。 定番メニューになり、エリアも広がった「深夜のカレー」の今を追う。
2013.07.21
東京カリ~番長 水野仁輔・選 東京の老舗カレー
東京カリ~番長 水野仁輔・選 東京の老舗カレー
唯一無二のその味。一朝一夕では醸し出せない独特の佇まい。 長きに渡り、多くの人に愛され続けるカレーには店主の矜持、数多の逸話がある。
2013.07.21
あのクリエイターの洒脱なビールのこなし方
あのクリエイターの洒脱なビールのこなし方
冷たいビールが体に染みわたる夏の夜。東京のクリエイターたちが集う、 “HIPな店”には旨い酒と料理、そして何にも替えがたい、コミュニケーションがある。
2013.06.21
改めて識るべき
老舗グランメゾンの真価
改めて識るべき 老舗グランメゾンの真価
数十年と長い歴史を重ねている店には、必ずそれに値する理由があるものだ。 それを識ることはフレンチの神髄を識ることでもある。
2013.05.21
やっぱりフレンチが好き!
やっぱりフレンチが好き!
料理を語る場合、その切り口はいくつかある。 フレンチを語るにあたっては、この3つのキーワードをヒントにしてみてはいかがだろう。
2013.05.21
世界のソウルフード
世界のソウルフード
世界各国のローカルフードで、そのお国柄が現れやすい ポテト料理、発酵食品、ファストフードを比べてみた!
2013.05.21
今やどの国にもある国民食!?
中国、インド、タイ、韓国料理
今やどの国にもある国民食!? 中国、インド、タイ、韓国料理
世界のどこに行っても、お目にかかれるこのこれらの国の料理。 日本で食べられる本場の味を案内しよう。
2013.05.21
森脇慶子が薦める、初夏に食べたい極上の“旬”
森脇慶子が薦める、初夏に食べたい極上の“旬”
その時期とっておきの食材が食膳を彩る ただそれだけで食卓はひと際、華やかに。 笑顔を生む“旬”という最高の晩餐へ、今宵……
2013.04.20
オレの、私の、“奢りテク”教えます
オレの、私の、“奢りテク”教えます
奢った方も、奢られた方も気持ちいい! たくさんの部下や後輩を抱える著名人の“奢りテク”を伺ってきました。
2013.04.20
あのシェフがプラベートで通うレストランガイド
あのシェフがプラベートで通うレストランガイド
シェフからシェフへ、“行っておくべきレストラン”をお題に紹介リレーを敢行。 料理界のプロが本当に絶賛する14軒をとくとご覧あれ!
2013.04.20
旬の美味は鮨にあり!
旬の美味は鮨にあり!
旬を味わう。その醍醐味を実感するなら、鮨だ。 晩春から初夏にかけて、美味しくなる魚を食す。その喜びは格別だ。
2013.04.20
採れたて!
初夏野菜のニューウェーブ料理
採れたて! 初夏野菜のニューウェーブ料理
色彩、食感、味わい豊かな旬の初夏野菜。今食べずして、いつ食べる? まだ見ぬ品種、まだ見ぬ調理法を駆使した、新しい食文化の波を味わい尽くそう
2013.04.20
東奔西走! 局地的グルメホットSPOT
東奔西走! 局地的グルメホットSPOT
ググッエリアを絞った局地的な美食MAP。美味しいもののためならどこまでも!
2013.03.21
肉コレ 2013SS
肉コレ 2013SS
春、肉料理界にもニューウェーブが巻き起こる! シェフ渾身のコレクションがここに集結
2013.03.21
春は曙……
否、仔羊と馬です。
春は曙…… 否、仔羊と馬です。
野菜や魚ほどではないけれど、肉にだって旬がある。 春の肉、といえば仔羊&桜肉(=馬肉)で決まり!
2013.03.21
熟成肉職人名鑑
熟成肉職人名鑑
昨今、熟成、熟成と喧しい肉の世界。 が、素材以上に熟しているべきは料理人の力量! OVER50 の肉自慢シェフ渾身の技、とくとご覧あれ。
2013.03.21
Aging of Meats
やっぱり 熟成肉!
Aging of Meats やっぱり 熟成肉!
肉の“旨み”はどこにある? サシ? それとも赤身? いろいろとご意見はあることだろう。 しかしここでは、こう言わせていただきたい。
2013.03.21
一つの店で二つの形態
おトクな二毛作レストラン
一つの店で二つの形態 おトクな二毛作レストラン
肉への探求がやまない人気店が、ひとつの店舗で ふたつの形での営業を行う。その最新形態に肉薄する!
2013.03.21
キメのバーが決まっていない!?
今さら聞けないアペの流儀
キメのバーが決まっていない!? 今さら聞けないアペの流儀
ヨーロッパでは、スタンディングバーでアペリティフ(食前酒)を楽しむのが一般的。 スタイリッシュかつ正しくバーを活用することで、セクシーな男へ変身です。
2013.02.21
春はあけぼの。花見帰りに恵比寿・中目黒でのはしご酒が美味くなる
恵比寿、中目は意外にいい立ち呑み屋が多い。 注目の店を(呑みつつ)ご紹介!
2013.02.21
一度は行っとけ!
東京伝統の古典酒場
一度は行っとけ! 東京伝統の古典酒場
気軽に酔えるのが立ち呑み酒場の醍醐味だが、 一見にはハードルの高い店が数多くあるのも事実。 しかし、その壁を越えた先には必ず至福の時間が待っている。
2013.02.21
何ヵ月待ってでも食べたい
あの、スペシャリテ
何ヵ月待ってでも食べたい あの、スペシャリテ
名声は聞き及んでいても、気軽に足を運ぶのは難しい予約の取れない人気店。 そこではどんなスペシャリテが味わえるのか…… あの店のあの味を事前にここでチェックして、いざ予約しよう!
2013.01.21
予約がとれなくなる店2013
予約がとれなくなる店2013
まだ広く認知されてはいないが、必ず今年中に予約が困難になる。 そんなポテンシャルを秘めた新店をグルメ界の先駆者がレクチャー。 来訪するなら、今すぐに!
2013.01.21
抗えない、冬最強の誘い文句
「お鍋食べよう」の磁力
抗えない、冬最強の誘い文句 「お鍋食べよう」の磁力
『寒っ』ときたら日本人の心に浮かぶもの、それは「鍋」。 同じ鍋を囲んで語り、飲み、食べれば、心もお腹もポカポカに。 新メニュー、裏メニュー、季節限定鍋など、冬の鍋のおいしいところを召し上がれ
2012.11.21