豊かな発想に驚かされる至極のスペイン料理を

レストラン サンパウ (Restaurant Sant Pau)

営業情報を見る

カタルーニャの伝統料理をベースに
創造性溢れる
カルメ・ルスカイェーダの世界を
日本橋で堪能

古き良き老舗と新たな街並みが同時に存在し、東京という都市において近年注目のスポットとなっている日本橋。そのランドマークの1つでもあるコレド日本橋の裏側、ANNEXの1Fを覗くと活気あふれるキッチンの姿がガラス越しに見える。

それがこの店、RESTAURANT SANT PAUだ。

本店はスペインのバルセロナから60kmほど離れた小さな町、サン・ポル・デ・マル。1988年にオープンした同店はオープンからわずか2年半、1990年にミシュランの一ツ星を獲得。

この店のシェフ、カルメ・ルスカイェーダが料理人出身ではなく、ベテランの主婦であったという点も話題となった。
その後、1996年にミシュラン二ツ星、2006年には三ツ星を獲得。今や世界中に名を轟かす存在となっている有名店だ。

そして2004年3月、日本橋に東京店がオープン。
こちらでいただけるのは、シェフが生まれ育った地元カタルーニャの伝統料理をベースに、豊かな発想でアレンジされた料理の数々。
初めて訪れた人は、おそらく既存のスペイン料理のイメージを打ち砕かれることだろう。

美しい透明のゼリーは海水塩を使用し、料理に塩味をプラス。まるで瑞々しい畑のようなハーブとマヨネーズのあしらいなど…女性らしい感性に裏打ちされた美しい一皿。そして、食する人の心を次々と揺さぶる仕掛けがふんだんに盛り込まれた料理の数々。それはまさに、至福の体験だ。

東京店がオープンして10年。その存在は、揺るぎない評価を得た名店に新たな風を吹かせようとしている。本店のフィロソフィーをしっかりと受け継ぎつつも、日本ならではの素材や発想を少しずつそこに取り入るという試み。

東京とスペイン、2つの都市から生まれる珠玉の料理…それがサンパウの到達した、新たなステージなのだ。

PHOTO GALLERY

料理画像
「PLUMA IBÈRICA:イベリコ豚のプルーマ 蕪、ホオズキ」一頭のイベリコ豚から400gしかとれない希少部位、プルーマの美味しさを味わう名物料理
内観画像
主にスペインと世界主要地域のワインを厳選し500種類以上を貯蔵するワインセラー
料理画像
「KASAGO:カサゴ サフランソース、トニックウォーター、タピオカ」
レアに焼き上げた本カサゴをサフランソースで。トニックウォーターの泡が新鮮な驚きと食感をプラスする
内観画像
料理と対峙する時間がより待ち遠しくなる、広々としたウエイティングスペース
料理画像
「Chocolate, café, almendras:チョコレート、コーヒー、アーモンド トロンソース ブラウニー」
ブラウニー、ムースなど食感・味が異なる食材を繊細に組み合わせたデザート
料理画像
「EL PLAT DE FORMATGES AMB CONTRASTOS : チーズプレート5種類のチーズとそのコントラスト」
チーズの種類は月替り。左から味が優しい物となっている気遣いが心憎い

Chef Profile

シェフ/岡崎 陽介Yousuke Okazaki

1979年生まれ、鎌倉出身。大学卒業後にフランス料理の道へ。2003年渡仏。
4年ほど、南仏やアルプス中心に修業。南仏モンペリエのレストランを皮切りに、「トロワグロ」「メゾン ドゥ マルクベラ(現在閉店)」などで修行。2007年に帰国後「サクレクール」「セド」などでシェフを務め2009年より「レストラン サンパウ」へ。
2011年3月、東京店のエグゼクティブシェフに抜擢される。

30037b1f560a5dd7e42020934cd927

Interview

料理人になったきっかけは?
おそらく他の料理人の方とは違うと思うのですが、大学生の時にフランス語を専攻していたことがきっかけです。最初はなんとなく興味を持って…くらいだったんですが、大学時代の留学がよりフランスを身近に感じるきっかけになりました。

学生時代から地元のフランス料理の店で働いていたんですが、その面白さにどんどん惹かれていき、大学卒業後に料理の道へ進むことを決意しました。
これまでで一番苦労したことは?
料理人を始めた時は苦労が多かったですね。周りは調理の専門学校を卒業した人たちが多かったので、自分は年上だけれども、技術が圧倒的に足りない。

ただ、フランスに渡った時は技術的な部分の苦労はありましたが、語学の部分のアドバンテージがあった。その分、コミュニケーションはスムーズにとることができましたね。
サンパウの料理の魅力は?
僕個人としてはフランス料理出身なので、どうしても地方料理や昔のやり方が残っている部分があるんですね。

しかしシェフ・カルメが生み出す本店の料理は、本当に自由で、かといって突飛なことや奇をてらうことはしない。それでいて発想が非常に豊かなんですね。僕自身、刺激をたくさん受けています。

もちろんフィロソフィー的な部分は守りながら、僕たちも進化しなくてはいけないと思っています。

Restaurant Data

店名レストラン サンパウ
エリア八重洲・京橋・日本橋
料理ジャンルスペイン料理 スパニッシュ
目的ランチ ディナー デート 女子会 個室 ワイン 日本酒 接待・会食 結婚式・二次会 結婚記念日 クリスマス
オープン日2004.06.30
営業時間 ランチ 11:30~ (L.O.13:30)
※土日祭日12:00~ (L.O.13:30)
ディナー 18:00~ (L.O.21:00)
定休日 月曜プラス月2回の休み
(基本的には第1、第3火曜日)
予算
ランチ:¥10,000~
ディナー:¥25,000~
カードのご利用 使用可 (VISA, MasterCard, JCB, Amex, Diners)
サービス料10%
チャージ個室に限りルームチャージあり
(昼 \10,000  夜 \18,000)
ドレスコード あり

※スマートカジュアル

お子様の同伴

※未就学のお子様は不可

ホームページhttp://www.santpau.jp
席・設備
席数 40席
座席

ウェイティングスペースあり

個室 個室あり

※個室① 7名

店内からの景観

※中庭が見える

貸切 あり

※30名以上より受付

貸切オプション

マイク・音響

ケーキ

喫煙・禁煙 分煙

※BARスペースに喫煙スペースあり

駐車場 あり

※コレド日本橋内の駐車場利用可。レストラン利用により4時間まで無料。

サービス
ソムリエ/バーテンダー ソムリエがいる
接待・会食でのご利用接待・会食でのご利用歓迎
お料理の特徴

その他

※スペインはカタルーニャ地方の伝統料理を現代風にアレンジしたスペイン店のレシピを再現しました。

お車の手配手配可能
お子様メニュー

※要相談
ディナーは個室のみのご案内とさせて頂きます。

ベジタリアン対応

※事前予約で対応可能

外国語メニュー 外国語メニューあり

※英語・仏語・西語

外国語対応スタッフ 外国語対応スタッフ在籍

※英語

海外ゲスト向けサービスホテル等お帰りの際のタクシーの手配
その他宗教食対応

※事前予約で対応可能

シガーサービス シガールーム あり
葉巻の販売 あり

約 15 種類

お土産の取り扱い あり

※オリーブオイルやマジョルカ島の昔ながらの製法で造ったお塩

住所中央区日本橋 1丁目6-1 コレド日本橋 ANNEX
電話番号
03-3517-5700
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-3517-5701
アクセス東京メトロ銀座線ほか三越前駅から徒歩6分
東京メトロ日比谷線ほか茅場町駅から徒歩8分
東京メトロ銀座線ほか日本橋駅から徒歩2分
ディナーDEGSTACIO¥23,000
ワインの取り扱い あり

260 種類

当店ソムリエ厳選の約260種類を取りそろえております。

日本酒の取り扱い あり

2 種類

カクテルの取り扱い あり

10 種類

ウィスキーの取り扱い あり

20 種類

ビールの取り扱い あり

4 種類

焼酎の取り扱い あり

1 種類

ドリンクの持ち込み

※要相談

SEAT VIEW

空席検索