営業情報を見る

スペインの文化に精通する
二人が生み出した米料理専門店で
スペイン郷土料理の奥深さを享受する

2012年9月、代官山の八幡通りにオープンした『サル イ アモール』。

土壁にラ・マンチャ地方の伝統的な装飾を施したタラベラ陶器が飾られ、ホールや厨房でひっきりなしにスペイン語が飛び交っている光景は、まるでスペインの街にある食堂にでも来たかのよう。

「スペインにいるような感覚を楽しんでほしい」。そう語るのはホールでサービスするオーナーのヴィクトル・ガルシアさんと、オーナーシェフの宮﨑健太さんだ。

スペインに留学していたガルシア氏と、一度は和食の世界に身を置きながらも、スペイン料理に惹かれて渡西した宮﨑氏が出会ったのはともに22歳の頃。

マドリードの和食店で短期間、アルバイトをしていたときのことだ。雑誌のスペイン料理特集をきっかけにスペインに興味を持った宮崎さん。期せずして、その雑誌の表紙を飾っていた人物は青山のスペイン料理の老舗「エル・カステリャーノ」のオーナーでガルシアさんの父親だった。意気投合した2人は、時を経てこの店の共同経営者となった。

二人が始めたのは、スペイン料理のなかでも日本初となる“アロセリア(米料理専門店)”という新業態。
「スペイン料理で代表的なパエリア以外にもディープな米料理がまだまだたくさんある。みなさんに知ってもらうためにも、本当の米料理の店をつくりたかった」。

三脚が付いた底が丸い深鍋で作る汁気の多い米料理“カルデロ”やパスタを使ったパエリア“フィデウア”など常時10種類以上の米料理がメニューに載る。

名物は山の幸を組み合わせた「ウサギとキノコのカルデロ」。豪快にカットされたウサギ肉とポルチーニの豊かな香りとともに味わえる汁気の多い米料理だ。

少しずつ汁気がとび旨みが凝縮されていくため、食べ進むにつれ、刻々と変化する味わいをも堪能できる。知られざるスペイン料理の魅力の宝庫といえる一軒だ。

PHOTO GALLERY

料理画像
チョリソ、豚耳、豚足のパエリア¥3,700(二人分※通常はパエリアパンでの提供)
外観画像
ビルの地下にあるので隠れ家的。
内観画像
ガリシア地方に伝わる、オマール海老のパエリア。
料理画像
テンプラニーリョなど土着のぶどう品種のスペイン産ワイン約60種類をソムリエがセレクト
料理画像
鶏の出汁を使い、うさぎ肉、鶏肉、モロッコいんげん、白花豆を一緒に炊き込んだバレンシア地方のパエリア
内観画像
地階にある入口の扉

Owner Profile

オーナー代表取締役/ヴィクトル ガルシアVictor García

1982年東京都生まれ。
2002年から約7年間、父ビセンテ・ガルシアが経営する青山のスペインレストラン「エル・カステリャーノ」に勤務。
22歳の時スペイン・マドリードで宮﨑健太と出会い、後に共同経営での出店を心に決める。
2012年9月に「Arroceria Sal y Amor」をオープン、オーナー代表取締役を務める。

581aaae0556637ca44dfd3fa9ef1a6

Interview

店名の由来は?
これは二人で決めました。料理に一番大切な調味料ですね。
『サル イ アモール』とはスペイン語で「塩と愛情」という意味です。
決め手はすべて塩加減と、愛情があるかですね。
サービスについてのこだわりは?
まずは安心していただきたいですね。
初めて訪れる人は何を頼んだらいいか分からないし、量のバランスも分からない。
僕らがそれをアドバイスして一番いい方法を見つけられればいいなと思います。
そして、スタッフもスペインの文化をちゃんと理解した上でサービスするように心がけています。
それがいいサービスにつながるのかなと思いますね。

Chef Profile

オーナーシェフ/宮﨑 健太Kenta Miyazaki

1981年高知県生まれ。専門学校「エコール辻東京」卒業後、都内の和食店で料理の基礎を学ぶ。
22歳でスペインへ渡る。マドリードのアロセリア「MANO A MANO」、カスティージャ イ レオンの「LA SOLEA」をはじめ、各地で修業を重ねた後、29歳で帰国。
2012年9月、ヴィクトルと共に念願の「Arroseria Sal y Amor」をオープン。同店のオーナーシェフ。

Aa66f884aacb01ca8a4c36fb914671

Interview

スペインでの修業先をアロセリア(米料理専門店)に決めた理由は?
食べに行き、単純にそこのシェフの料理にすごく愛情を感じました。
見ていると本当に仕事が楽しそうで、スタッフやお客様との間でも笑顔が絶えない。
仕事も人生の一部にしている。食べたときにそれが料理に出ていると思いました。
すごく感動したので、働かせてもらえないかとその場でお願いしたのがきっかけです。
実際にそこで修業してみていかがでしたか?
厨房はボスと僕の二人だけだったのですが、よく僕一人の日もありました。
客席からキッチンが見える状態だったのでそのプレッシャーは重かったですね。

でも、働いているうちにみんなが認めてくれて、「これは本物だね」って言ってくれたり、「おめでとう」と言って帰ってくれたり。
人からの言葉ですごく自信を持てました。

Restaurant Data

店名アロセリア サル イ アモール
Arroceria Sal y Amor
エリア中目黒・代官山・恵比寿
料理ジャンルスペイン料理 スパニッシュ
目的ディナー デート 女子会 合コン ワイン 結婚式・二次会 子供連れ
オープン日2012.09.25
営業時間 17:30~24:30(L.O.23:00)
定休日 月曜
※祝日の場合は営業、パーティ相談可
予算
ディナー:¥5,500~
カードのご利用 使用可 (VISA, MasterCard, JCB, Amex, Diners)
サービス料なし
チャージなし
店内の雰囲気にぎやか
お子様の同伴
ホームページhttp://salyamor.com
席・設備
席数 33席

※パーティ時は着席28席 カウンター5席

座席

カウンター席あり

貸切 あり

※要相談

貸切オプション

持ち込み可

喫煙・禁煙 全席禁煙
駐車場 なし

※近隣にコインパーキングあり

サービス
ソムリエ/バーテンダー ソムリエがいる
お料理の分量重め
お料理の特徴

郷土料理

※スペイン各地の郷土料理やお米料理をお楽しみいただけます。

ベジタリアン対応

※事前予約で対応可能

外国語メニュー 外国語メニューあり

※英語

外国語対応スタッフ 外国語対応スタッフ在籍

※英語・西語

住所渋谷区代官山町 12-19 第3横芝ビル B1F
電話番号
03-5428-6488
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-5428-6487
アクセス東京急行電鉄東横線代官山駅から徒歩4分
ワインの取り扱い あり

60 種類

当店ソムリエ厳選の約60種類を取りそろえております。

ビールの取り扱い あり

3 種類

スペインビールを3種類取り揃えています。

ドリンクの持ち込み

※2人に対して1本まで

SEAT VIEW

空席検索