営業情報を見る

扉を開ければプーリア州の名店がそこに

本店を忠実に再現した店内で
日本にいながら本場の味を満喫

イタリア人が最も信頼する格付誌「ガンベロロッソ」で最高評価を持つ『アンティキ・サポーリ』は南イタリア・プーリア州の名店。

その本店を再現するため、椅子、床、壁はもちろん、クロス、釘に至るまで全てがイタリアから運ばれてきた。

隣が気にならないようゆったりと配置された温もりを感じる木材のテーブル。素朴で淡い壁の色合いは、本店そのもの。

まるで現地にいる気分にさせてくれる。

イタリア半島をブーツに見立てた場合、かかとの部分にあたるのがプーリア州だ。

日本ではまだ馴染みの薄いプーリア料理は、前菜がテーブルに乗り切らないほど次々と出てくるのが特徴。

「とにかく量が多いのはおもてなしの心から」。そう語るのは本店で修業したシェフの山崎大輔氏。

山崎氏が腕をふるう、野菜を中心とした前菜は本店シェフから「イタリアよりイタリアらしい味」と言われるほど。

小さな耳という意味のオレキエッテはプーリア州発祥の手打ちパスタ。

焦がし小麦を使った自家製オレキエッテはほんのり香ばしく、菜の花とキノコをまとい、さらにピュレにしたそら豆の優しい甘さに包まれる。

カリカリのパン粉をふりかけ、伝統的な郷土料理に食感のアクセントを加える。

食後のデザートも楽しみのひとつ。
日本では手に入らないプーリア産のアーモンドをローズマリーと三温糖で何時間もかけて砂糖漬けに仕上げる。

シンプルな調理法だが、ほろ苦さと甘さのハーモニーに手が止まらなくなる。
プーリアの豊かで奥深い食文化を実感できる一品。

自家製のアーモンドやアマーロは店頭で買えるのでお土産にもお薦めだ。

PHOTO GALLERY

「自家製トロッコリ カルチョフィのクレーマと白身魚 カラスミとレモン風味」。
カルチョフィの独特なえぐみを十分に引き出したクリームソースは今までにないと評判。
店内に飾られたアンティークのラジオや食器を眺めるのも楽しみのひとつ。
プーリア州の象徴であるニワトリは店の至るところに見ることができる。プーリアの人々の心とも言える。
郷土料理の味を伝える食材たち。スイートピーの種や白いそら豆など日本では珍しいものも。
「ナスとスカモルツァのスフォルマート」。温かい前菜を一皿目に供するのは温まってほしいという心遣いから。
「イチジクのムースと乾燥メランザーネ ヴィンコットとオレンジのカラメリゼソース」。本店直伝のレシピには農家が多いプーリアならではの野菜のデザートも。

Chef Profile

シェフ/山崎大輔Daisuke Yamazaki

1976年生まれ
服部調理学校卒業。ヴェネツィアの多数のレストランで経験を積み、2011年にイタリア商工会議所主催の料理コンクールで優勝。その後、プーリア料理の美味しさに感動しモンテグロッソの『アンティキ・サポーリ』に入店。新宿『イル・バーカロ』、銀座『BARABABAO』の料理長を経て現職。銀座『BARABABAO』の料理長を兼務。

7683c0bd0ff39c9ab1d1476bec9f73

Interview

料理人になったきっかけは?
小さい頃から料理が好きで、美味しい料理を作りたいとずっと思っていましたね。中学を卒業するときにはコックになると決めました。服部調理学校に入ってはじめはフレンチを専攻していたのですが、卒業旅行で行ったイタリアで目覚めてしまいました。今ではイタリア料理以外にいこうとは全く考えていないです。
感銘を受けた料理は?
この店でも出していますが、色々な具材を型に入れて焼いたイタリアの郷土料理「スフォルマート」です。一番はじめに温かいものが前菜として出てくることに非常に衝撃を受けました。プーリアは山も海もあり、多彩な食材が揃いますが、野菜とチーズを使った素朴な料理も多い。それぞれの素材を穏やかにまとめるのがプーリアのオリーブオイルです。
休日の過ごし方は?
家で料理を作ってますね。本当に作るのが好きなんです。日本料理、中華、何でも作ります。息子に美味しいって言われるのは、やっぱりイタリア料理ですかね。3歳なのにオレキエッテとかが好きなんです。焦がし小麦は息子にはレベルが高いと思うのでまだ作っていません。

Restaurant Data

店名アンティキ・サポーリ
エリア広尾
料理ジャンルイタリア料理 イタリアン
目的女子会 合コン ワイン 結婚式・二次会 クリスマス 子供連れ ランチ ディナー
オープン日2013.08.08
営業時間 ランチ: 11:30~15:30(L.O.14:30)
ディナー: 18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 1/1のみ
予算
ランチ:¥3,000~
ディナー:¥6,500~
カードのご利用 使用可 (VISA, JCB, Amex, Diners)
サービス料なし
チャージディナータイム:コペルト¥500/名
お子様の同伴

※お子様連れ歓迎

席・設備
席数 90席
座席

ウェイティングスペースあり

個室 個室あり

※・個室:10名~24名様
・フロアA~約60名様
・フロアB~約20名様
・フロアC~約30名様

貸切 あり

※着席:90席
立食:120名様まで
・持ち込みは有料の場合あり。
・詳細は店舗へお問い合わせ下さい。

貸切オプション

プロジェクター

マイク・音響

ケーキ

持ち込み可

喫煙・禁煙 全席禁煙

※店内に喫煙コーナーあり

バリアフリー 車椅子設備あり

※車椅子用のスロープ入口あり。
恐れ入りますが、ご利用ご希望の場合は事前にお知らせくださいますようお願い申し上げます。

駐車場 なし

※店前パーキングメーター平日19時まで利用可

サービス
ソムリエ/バーテンダー ソムリエがいる
接待・会食でのご利用接待・会食でのご利用歓迎
お料理の分量重め
お料理の特徴

郷土料理

こだわり食材

※世界的に有名な南イタリア・プーリア州にある名店をそのまま再現。プーリア料理は次から次へと出てくる楽しい前菜、ちょこちょこ色々食べるのが特長。わざわざ訪れたくなる人気料理が日本に上陸です。

お車の手配手配可能
お子様メニュー

※お子様が召し上がりやすいシンプルなスパゲッティ、揚げピッツァ等ご用意しております。
また、【食育パスタ作り体験】も行っております。

ベジタリアン対応

※事前ご相談・ご予約下さい。

外国語メニュー 外国語メニューあり

※英語、伊語

外国語対応スタッフ 外国語対応スタッフ在籍

※英語、伊語

ハラルフード対応

※事前ご相談・ご予約下さい。

お土産の取り扱い あり

※名産プーリアから直送『オリーブオイル』、プーリア流おつまみ、プーリアの小皿など。

備考

※2016/12/23~25の3日間、ディナータイムはクリスマス特別コースのみのご予約となります

住所港区南麻布 5-2-40 日興パレス1F
電話番号
03-6277-2073
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-6277-2074
アクセス東京メトロ日比谷線広尾駅から徒歩7分
ランチプーリアランチ【計10品~:前菜5品~・パスタ・デザート2品~・食後酒2種~】¥2,700(税別)
ピエトロランチ【計11品~:前菜5品~・パスタ・肉料理・デザート2品~・食後酒2種~】¥3,700(税別)
アンティキランチ【計15品~:前菜8品~・パスタ・肉料理・デザート3品~・食後酒2種~】¥4,600(税別)
ディナーサポリートコース【計9品~:前菜3品~・パスタ・肉料理2種盛合せ・デザート2品~・食後酒2種~】¥4,900(税別)
プーリアコース【計14品~:前菜8品~・パスタor肉料理3種盛合せ・デザート3品~・食後酒2種~】¥4,900(税別)
アンティキコース【計15品~:前菜8品~・パスタ・肉料理3種盛合せ・デザート3品~・食後酒2種~】¥6,600(税別)
ワインの取り扱い あり

18 種類

すべて南イタリア・プーリアから直送のワインです。

ビールの取り扱い あり

3 種類

イタリアのビール、ノンアルコールビールもご用意しております。

ドリンクの持ち込み

※持込み料あり。

赤ワイン / 白ワイン/ ビール / その他 コースとご一緒に『飲み放題』(120分) ¥2,300
赤ワイン/白ワイン プーリア本店のオーナーシェフが長年かけて作り上げたワイン『ピエトロ・ジート』(ボトル) ¥3,500
ロゼワイン 女性に人気のロゼ『メッツァーナ』(ボトル) ¥3,500
赤ワイン イタリア人が信頼するガンベロロッソにて【最高評価】3ビッキエーリ の『ヴィゼッリオ』(ボトル) ¥6,750

SEAT VIEW

空席検索