営業情報を見る

大人の色香漂う西麻布に佇む食堂
ガラス張りの外観から郷愁が滲み出る

酸いも甘いも噛み分けたシェフが供する
繊細で武骨なビストロ

西麻布交差点から一本裏手の道を進むと、ガラスファサードが印象的な店が現れる。隠れ家的なこのエリアで、独特の存在感を放っているのが、ここ『帝國食堂』だ。客船で使用されていたというアンティークのドアにも、センスの良さが伺える。

店名からはイメージしづらいが、ここは深夜まで本格ビストロの味が楽しめる。
「気軽に立ち寄れるフランス料理店」という想いを込め、敢えて”食堂”と冠した。

素朴でノスタルジックな内装は、訪れる人々を温かく迎え入れてくれる。持ち主によって大切に使われてきたアンティークの照明や本棚が、この店の懐古的な雰囲気に一役買っている。

カウンターに立つシェフ 横田浩丈氏は、正統なフレンチの学校を卒業した後、フレンチだけでなくイタリアンでも修行。星付きのレストランやケータリング、キッチンカーでの移動式販売も経験するなど、何とも多様な経歴の持ち主。

メニューにはビストロらしい料理名が並ぶが、定番と侮るなかれ。横田氏の手にかかるとそれは全くのオリジナル料理となる。豊富な経験を惜しみなく活かし、『帝國食堂』の味へと昇華させているのだ。

メインディッシュのほとんどが肉料理。スペシャリテのハンバーグは合挽肉1kgに対し、卵1個と少量の牛乳、バゲットのパン粉のみ。

たっぷりとソースがかけられた200gほどのハンバーグは、シンプルな盛り付けで厚みがあり、みちみちとした食感が楽しい。

肉汁は使わずフォンドボーと細かく切ったバターに赤ワインを入れ、低温でじっくり鍋を回しながらとろりとするまで丁寧に煮詰めて作られるソース。

ハンバーグを覆い尽くす芳醇な香りと味に、幸福感さえ覚える。この料理は、まさにソースが主役なのだ。

クラシックでありながら他に類を見ない横田氏の料理は、“通い続けたい”と思わせてくれる。

PHOTO GALLERY

アミューズの「オリーブのコンフィ」。90℃以下のオイルで3時間、オーブンでコンフィする。最初に口にするものだからインパクトがあるものに。
まるでスープのようなソースは生クリームと卵に少々ガーリックを効かせてある。ふんわり空気を含んだスクランブルエッグに絡めて。
ヨーロッパでは最高のテロワールと称されるレバノンワインを中心とした品揃え。グラスワインも豊富で、ボトルは¥6,000~¥7,000円が中心。
覚えてもらいやすく昔を感じさせるイメージでと、知人に作ってもらったショップカード。
豚肉ベースにオレガノ、クミンなど10種類以上のスパイスで作った「自家製スパイシーソーセージ」。季節により鹿を混ぜたりすることも。
「お肉だらけのハンバーグ 赤ワインソース」。これは”ソースを食べてもらう料理”だと言うので驚きだ。

Chef Profile

シェフ/横田 浩丈 Hirotake Yokota

1979年、東京都出身。
大学卒業後、辻調理師専門学校、仏エコール・キュリエールで学ぶ。
帰国後、思いついたことは全部やってみようと、フレンチレストランをはじめ、ケータリングや専属シェフ、キッチンカーでのフレンチ弁当の販売などで研鑽を積む。
イタリアレストランではサービスマンも経験。2013年3月、『帝國食堂』をオープン。

9c3e02a5705f1e8910d660f23ef189

Interview

修行時代につらかったことは?
仙台でリニューアルするお店をたった一人で立ち上げた時のことですね。メニュー開発からスタッフの採用まで2週間でやり遂げました。

そこは元々ホテルのメインダイニングだったのですが、すでに閉業していました。冬でしたし、東北の気候も相まってか、暗く寒いところで一人で寝泊まりしたのはかなりきつかったです。
なぜ大学の専攻と別の道へ?
やりたいことがみつからないまま就職活動が始まり、これからどうしようかと思っていました。悩んでいても道は開けないと思ったので、まずは好きなことをやってみようと、趣味の食べ歩きをしてたくさんの店に行きました。

その際に様々なお店でおもてなしを受け、自分がもてなす側に立ちたい!と思い始めた頃、一冊の本に出会いました。辻静雄先生の半生を描いた『美味礼讃』(岩波文庫)です。これを読んでとても感銘を受け、辻調理師専門学校へ行く決意をしました。
思い出の料理は?
自分の人生の方向性が決まったきっかけの料理でもある、「マンゴープリン」です。

大学で進路を迷っていた時、祖母の家にマンゴープリンを作って遊びに行きました。その時、祖母は「おいしい」と言って号泣しながら食べてくれたんです。自分の作った料理でこんなにも喜んでくれるんだということが非常に嬉しくて。大切な思い出です。

Restaurant Data

店名帝國食堂
Teikoku Shokudo
エリア西麻布
料理ジャンルフランス料理 フレンチ
目的ディナー デート 女子会 ワイン 子供連れ
オープン日2013.03.21
営業時間 18:00~(L.O.25:30)
定休日 日曜
第1月曜日
予算
ディナー:¥7,500~
カードのご利用 使用可 (VISA, MasterCard, JCB, Amex, Diners, 銀聯)
サービス料なし
チャージ¥500
お子様の同伴
ホームページhttp://teishoku.jp/
facebookhttps://www.facebook.com/teishoku
席・設備
席数 21席
喫煙・禁煙 全席喫煙可
駐車場 なし

※近隣にコインパーキングあり

サービス
お車の手配手配可能
ベジタリアン対応

※事前予約で対応可能

外国語メニュー 外国語メニューあり

※仏語

外国語対応スタッフ 外国語対応スタッフ在籍

※英語、仏語

お土産の取り扱い あり

※コンフィにしたオリーブの瓶詰

住所港区西麻布 2-15-13 天崎ビル 1F
電話番号
03-6450-5515
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-6450-5515
アクセス東京メトロ千代田線乃木坂から徒歩10分
東京メトロ日比谷線六本木から徒歩12分
東京メトロ半蔵門線表参道から徒歩14分
ワインの取り扱い あり

60 種類

カクテルの取り扱い あり

ウィスキーの取り扱い あり

ビールの取り扱い あり

15 種類

ドリンクの持ち込み
シャンパン シャルル・デ・カザノーヴブリュット ¥7,500
アンリオ・ブリュット・スーヴェラン ¥8,500
白ワイン ドメーヌ トゥレールブラン ¥5,800
赤ワイン キュべドランジュ ¥6,000
Ai(ハーフ) ¥15,000
ロゼワイン Yui(ハーフ) ¥7,500

SEAT VIEW

空席検索