営業情報を見る

7年を機に屋号もコンセプトも一新
東京人の料理長が地方の郷土料理に出逢い
その感性で創りあげた新しい和食

スタイリッシュで遊び心あふれる会席料理で定評のあった「暗闇坂 宮下 神楽」が2017年6月にコンセプトも新たに「日本料理 斗南」として生まれ変わった。

神楽坂の小道を入った白壁の日本家屋と玄関へ続く石畳、引き戸の向こうには左官職人が丁寧に塗った漆喰の土壁や島根県の吉原木工所の組子扉、瓦職人による瓦の会席盆といった日本の伝統工芸の素晴らしさを目の当たりにできる。

古来からの技術を生かしたモダンな設えは今の神楽坂を象徴しているかのようだ。

料理長、中田大輔氏は和食一筋、「暗闇坂 宮下」での腕を認められ抜擢された34歳の実力者である。

東京で生まれ育ったゆえに郷土料理というものとは馴染みがなかった。羨望なのか、その土地で受け継がれているものを大切にしたいという想いが強い。「伝えていかなければいけないと思いました。地方の食材や文化を広げることが使命だと考えています」と言う。

そして料理長になったこの店で地方の食材や文化を東京人の感性を融合した新しい和食を創りあげたのである

食材はできる限り産地直送を心がけ、時間を見つけては地方へ出向き良い食材を探し歩く。出逢った食材と真摯に向き合い伝統ある日本料理の技巧で料理していくと未知なる味が生まれてくるのだと。

盛り付けには色のバランスを考え、見て楽しくなるような皿を目指す。
スペシャリテの「葛しゃぶ」はかつおだしに葛を溶き、熱々に焼いた陶板の上からかけていただく。
ジュワッとした音とかつおの香りに包まれ五感が歓喜をあげる。

日本酒は淡麗辛口を中心に季節感を重視して取り揃えている。月ごとに変えるこだわりに日本酒を目当てに訪れるほど。

日本酒のボジョレー・ヌーボーと呼ばれる「秋あがり」「ひやおろし」などリスト以外にも15種類くらい用意されているので「面白いものある?」と訊ねるとレアなものが出てくることも。料理に合わせたグラスペアリングも試してみたい。

情緒ある神楽坂の街に馴染む「日本料理 斗南」。
伝統ある郷土料理の新たな形を見出した魅力あふれる料理と酒でしっぽりと大人の時間を過ごしたい。

PHOTO GALLERY

「カマスの松茸焼き 土佐あか牛の梅麹焼き」は魚と肉が一緒になった贅沢なひと皿。煎り酒を作るときに残る梅を再利用した梅麹に漬けたあか牛は芳醇な香りとうまみがたっぷり。
四季を感じる色鮮やかな色彩の料理。
「土瓶蒸し」は季節によって食材を変え通年楽しめると人気をよんでいる。蓋をあけてまずは香りから味わいたい。
書道家、中塚翠涛氏が描く美しい曲線が印象的な個室。カウンター席を通らずに済むので接待にもよく利用されている。
ランチコースのひとつ、「神楽御膳(3,500円)」は名物「土瓶蒸し」から「甘味」までの9品。旬の食材が存分に楽しめると人気。
ランチコース「神楽御膳」の「季節の炊き込みご飯」は、その時期のおいしい食材を吟味し、1人分ずつ土鍋で炊き込む。米の一粒一粒にうまみがギュッとしみこんだ格別の味わいだ。

料理長 Profile

中田 大輔Nakata Daisuke

1980年生まれ 東京都出身
19歳で浅草「茶寮一松」で見習いから料理人生がスタート。いくつかの店を経て福島県郡山市で郷土料理に触れその土地で採れたての素材を使った伝統ある料理に興味を抱く。その後、地方都市の店をいくつか修業し「暗闇坂 宮下」へ。2016年5月から現職。

C284ee465eaf8eb382fbf73bcd75e7

Interview

料理人になったきっかけは
中学生の時に両親と行った小料理屋さんで料理している姿に憧れました。その店に何度か訪れるうちに親方と仲良くなり、すっぽんの解体を見せてもらい、これはすごいことだと思いました。その時に料理人になることを決めました。
初めて修業に入った時はどうでしたか?
とにかく笑っちゃうくらい何もできませんでしたね。初めは包丁もうまく使えず悔しくて毎日必死に練習しました。おかげで卵焼きとかつら剥きはものすごく上手です。3年くらい経ってやっと「つま」を使ってもらった時は本当に嬉しかったです。使ってもらえないと賄い行きです。
料理のこだわりは?
“余計なことはしない”、でしょうか。おいしいものはあまりいじりすぎないようにしています。産地直送なので素材の持っている力を大切にしたいと思っています。こちらで初めて料理長という立場になり悩むことも多いです。自分の決めた料理がお客さまの口に入るわけですからプレッシャーはあります。でも同じようにやりがいもありますね。

Restaurant Data

店名日本料理 斗南
エリア神楽坂・飯田橋
料理ジャンル懐石・会席料理 和食
目的ランチ ディナー 個室
予約専用TEL050-3486-3104
オープン日2017.06.05
営業時間 ランチ:12:00~15:00(LO:14:00)
ディナー:18:00~23:00(LO21:00)
定休日 日、祝日
予算
ランチ:¥3,000~
ディナー:¥12,000~
カードのご利用 使用可 (VISA, MasterCard, JCB, Amex, Diners, 銀聯)
サービス料ディナータイム10%
チャージなし
店内の雰囲気静か
お子様の同伴 不可
席・設備
席数 27席
座席

カウンター席あり

個室 個室あり

※個室①6名、個室②6名、個室③4名、個室④2名

喫煙・禁煙 分煙
サービス
接待・会食でのご利用接待・会食でのご利用歓迎
お料理の特徴

郷土料理

※東京出身の料理長の感性で郷土料理をアレンジ

お車の手配手配可能
ベジタリアン対応

※事前予約で対応可

住所新宿区神楽坂 3-2-31 大宗第三ビル 1F
電話番号
03-6228-1984
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
ワインの取り扱い あり

国産ワインのみ取り扱い

日本酒の取り扱い あり

30 種類

ウィスキーの取り扱い あり

ビールの取り扱い あり

焼酎の取り扱い あり