営業情報を見る

成熟な食文化へ提唱する
「フランコ・ジャポネ」という調和

流麗で鮮やかな彩りの一皿は
巡りゆく季節を映し出す

春夏秋冬の豊かな四季とともに歩んできた日本には、古来より「二十四節気」という季節の移ろいを感じゆくための暦が存在する。

自然の流れに寄り添う旧暦の二十四節気に合わせ、日本ならではのフレンチ"フランコ・ジャポネ"を提供するのがここ『ボウ・デパール青山倶楽部』だ。

シェフ 蜂須賀 喜八郎氏が作り出す一皿には、フレンチでは普段使わないような和の食材もお目見えする。かつてのフレンチのように、全てをフランスから取り寄せるのではなく、日本産の素材をふんだんに使用している。

「伝統的なフレンチの技法やエスプリを効かせつつ和のエッセンスを取り入れ、料理を通じて季節を味わう日本の心を表現したい」それが蜂須賀氏の理想だ。

その哲学は、14〜15種類の旬の野菜を使用したスペシャリテ「ミジョテ・ド・レギューム」を口にすればわかるであろう。
1つ1つの野菜を最適な器、最適な水分量と時間で「細い針がスッと入る絶妙の固さ」まで、フォン・ブランとともに火入していく。

そしてオーダーが入り、最後の仕上げをすることで味の統一感が生まれる。「25歳で初めてフランスで食べた時に衝撃を受けた」というこの料理は、「野菜料理とはなんだろう」と考えるきっかけにもなったという。

都会の中ではつい見過ごしてしまいそうになる自然の豊かさや、和の食材の持つ本当の風味。一皿一皿に、日々の生活へ華やぎを与えてくれる新鮮な驚きが込められている。

「夏と冬のものが同時に皿に乗ることはない」と断言するシェフのこだわりを年に24回も楽しめるなら、時が過ぎゆくことをより心待ちにしたい。

PHOTO GALLERY

「和歌山産 イノシシのヴァリエーション ソースポワブラード」。
かつて政財界人に愛された会員制クラブだったこの場所。内装は雰囲気を色濃く残す。
アンティーク調度品に囲まれた広々としたウエイティングスペース。
店内後方にしつらえられたバーカウンター。
「五色大根のマルチコロレとボタンエビ、からすみ風味」。
「イベリコ・プレッサのロティ アルガン風味 デーツフォンデュ」。

Chef Profile

シェフ/蜂須賀 喜八郎Kihachiro Hachisuka

1968年 広島県出身。
ホテルのサーヴィスやレストランの厨房での修行を経て25歳で渡仏。『アピシウス』『ル・サントネール』『オーベルジュ ラ・フニエール』など6年半修行し、2000年に帰国。『新橋ミクニ』料理長、青山『ブノワ』副料理長を経て、2010年外苑前に『グラース』をオープン。2014年『ボウ・デパール青山倶楽部』料理長に就任。

950958d3bb0460954c50ef3fe26302

Interview

料理人になったきっかけは?
小さいころ、母は働いていたのでおばあちゃん子で育ったんですが、当然毎日和食ですよね。

そんな日々の中、母親が仕事が休みの時に連れていってもらった洋食屋さんのハンバーグやオムライスが本当に美味しかった。それで「西洋料理のコックさん」に憧れたのが料理人を目指したきっかけです。
「フランコ・ジャポネ」を意識したきっかけは?
かつてのフレンチはフランスから全ての素材を取り寄せて「これが本物だ」とやっていた。でも僕の信頼するジャーナリストの方が言った「自分の目の前にある、大事なものを忘れているのではないか」という言葉に殴られたような気分になりました。

フランスの食材に比べ日本の食材は味が薄い、味がないと言われますが、日本人は目と頭で料理を楽しむ国民。フレンチにあえて日本の食材を使ったとしても、使う理由があり、また盛り付けを意識して工夫すれば、その意図を汲み取ってくれるのでは…と思ったんです。
素材のこだわりは?
私は自然栽培野菜という無肥料無農薬の野菜を支持し、当店で使用しています。
市場には無農薬と銘打った人工的な野菜多く出回っていますが、一口食べて甘い、美味しいと思うような野菜は、ファストフードとほぼ一緒だと思っています。

天然の野菜は味が淡いですが、香りが強く余韻が長い。派手ではないのですが滋味に溢れていて、咀嚼するほどに本当の美味しさに触れられるんですね。この野菜でないとできない料理というのをいつも試行錯誤しています。

Restaurant Data

店名ボウ・デパール 青山倶楽部
Beau départ Aoyama-club
エリア原宿・表参道・青山
料理ジャンルフランス料理
目的ランチ デート ディナー 女子会 個室 ワイン 日本酒 接待・会食 結婚式・二次会 結婚記念日 クリスマス 子供連れ
オープン日2014.10.01
営業時間 ランチ: 11:30~15:00(13:30 L.O)
カフェ: 14:00~17:30(17:00 L.O)
ディナー: 18:00~22:30(20:30 L.O)
定休日 火曜
祝日の場合は営業
予算
ランチ:¥4,752~
ディナー:¥9,504~
カードのご利用 使用可 (VISA, MasterCard, JCB, Amex, Diners)

※ DC / UC / UFJ / NICOS / SAISON

サービス料10%
チャージなし
店内の雰囲気静か
ドレスコード あり

※インフォーマル

お子様の同伴

※年齢制限 10歳以上

ホームページhttp://beau-depart-aoyama.jp/restaurant/
facebookhttps://www.facebook.com/pages/ボウ・デパール青山倶楽部レストラン/768963289806043
席・設備
席数 40席
座席

ウェイティングスペースあり

お座敷席あり

掘りごたつあり

※お座敷、堀りごたつは個室としてご利用いただけます。

個室 個室あり

※個室 2~10人

店内からの景観

※季節の花とデジタル絵画

貸切 あり

※各個室や部屋により人数調整可能
着席 10~140名様 / 立食 ~180名様
TVモニター、マイク・音響設備、DVD投影、PC投影

貸切オプション

プロジェクター

マイク・音響

喫煙・禁煙 全席禁煙

※別室 喫煙スペース有

バリアフリー 車椅子設備あり
ペットの入店 不可

※盲導犬以外は不可

駐車場 あり

※事前予約制 高さ制限 台数制限有
近隣にコインパーキングあり

サービス
ソムリエ/バーテンダー ソムリエがいる バーテンダーがいる
接待・会食でのご利用接待・会食でのご利用歓迎
お料理の特徴

その他

※フランス料理に、日本の和のエッセンスを融合した新しいスタイル 「フランコ・ジャポネ」を提唱

お車の手配手配可能
ベジタリアン対応

※事前予約で対応可能。

外国語メニュー 外国語メニューあり

※英語、仏語

外国語対応スタッフ 外国語対応スタッフ在籍

※英語、仏語

お土産の取り扱い

※別途ご用意有り(要予約)

住所港区赤坂 7丁目3-37 ブラース・カナダ B1F
電話番号
03-5414-1155
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-5414-1210
アクセス東京メトロ半蔵門線・銀座線、都営地下鉄大江戸線青山一丁目駅から徒歩3分
ランチMENU A ¥4,000(税別)
MENU B¥6,000(税別)
ディナーMENU A ¥8,000(税別)
MENU B¥12,000(税別)
ワインの取り扱い あり

当店ソムリエ厳選の約100種類を取りそろえております。

日本酒の取り扱い あり

カクテルの取り扱い あり

ウィスキーの取り扱い あり

ビールの取り扱い あり

シャンパーニュ Michel Forget Brut Blanc de Blancs ¥13,000
白ワイン Puligny-Montrachet 1er Cru "La Garenne" 2008 / Domaine Etienne Sauzet ¥14,000
赤ワイン Gevrey-Chambertin 1er Cru "Les Champeaux" 2006 / Domaine Philippe Leclerc ¥12,000

SEAT VIEW

空席検索