営業情報を見る

ワインカーヴの奥に広がる
南イタリアのバールで

エノテカで出会ったワインと
マンマ料理を食す

2014年冬、港七福神宝船のお社である麻布十番・十番稲荷神社の並びに開店した『orso』。

ワインカーヴを思わせるその店内には、シックなスタンディングスペースが配され、地下階にはワインセラーを兼ねたエノテカも併設。
プーリア州、ロンバルディア州のものを中心に60種以上のイタリアワインが揃う。

奥に広がるのは、白を基調とした温もりある空間だ。まるで南イタリアのバールへ来たような雰囲気に期待が膨らむ。

新宿の名店『オステリア ヴィンチェロ』のシェフである齋藤克英氏の監修の元、『orso』を任されているシェフ 髙橋英彬氏。
髙橋氏の作る料理からは、まさに土地柄や生産者の想いが伝わってくる。

派手さはないが温かみのあるレッチェの郷土料理「パルミジャーナ」。ナスの食感とトマトの酸味やパワフルさがチーズやゆで卵のまろやかさに溶け合う。

白ワインを傾けながら、イタリアマンマ直伝の素朴な味に癒されたい。

一番人気は「北海道産ウニのパスタ」。

魚介の出汁の旨みがぎゅっとつまったソースを細めのリングイネに和える。
できるだけレアで食べさせたいというシェフの想いから、ウニは最後にほんの少し火を通すだけ。

仕上げにはレモンピールをあしらい、爽やかで南イタリアらしい奔放さを感じさせる一皿となっている。

ワインだけでなく、この店で是非味わいたいのが〝カフェ〟。

南イタリアに魅了されたオーナーが、幾度となく現地を訪れて仕入れることができたクアルタ社の豆を使用している。
その美味しさを最大限に引き出すために、日本に2台しかないFAEMA社EMBLEMAのエスプレッソマシーンで淹れる。

格別のコクと香りが広がるエスプレッソやカプチーノは自慢の一杯だ。

PHOTO GALLERY

「生ハム、サラミスライスの盛り合わせ」は、4種を日によって変える。
オリーブオイルだけで揚げたフリットはサクッとした食感が楽しい。
イタリアンカフェそのもののテーブル。寄り添って話すのにちょうど良いサイズだ。
DIESEL社のショップデザイナーが手がけた外観。
美しいロゼ色に焼き上げたバスク産のキントア豚。素材の美味しさを塩胡椒とオリーブだけで味わう。
地下のワインセラー兼エノテカには自社輸入のワインも。1本2,000円でバールへの持ち込みも可能。

Owner Profile

オーナー/塚原 智美Tomomi Tsukahara

東京都出身
都内の和食屋でサービス業を勉強し、カフェのオーナーであった知人からこの店を引き継ぎ、『orso』をオープンさせる。

37e02c5315ce928eb4dd2915ff2bfa

Interview

仕事の醍醐味とは?
人と人がつながっていくことですね。
この店もテーブルの幅を狭くしたり、カウンター席を作ったことでいろいろな人がつながっています。

カフェレストランサイドの内装も温かみにこだわりました。
年齢や性別を超えたつながりを持てるようにすることが私の仕事だと思っています。
休日の過ごし方は?
海が好きなので行ける時はほとんど海にいます。
サーフィンするわけでも泳ぐわけでもないのですが、ただひたすらボーっと海を眺めています。

あとは飼っているトイプードルと戯れること。もう10歳なので老犬なんですが一緒にいると楽しくて仕方がありません。

Chef Profile

シェフ/髙橋 英彬Hideaki Takahashi

新潟県出身
数々の飲食店を経て『オステリア ヴィンチェロ』の齋藤シェフと出会い、シェフから料理に対する理念と愛情を学ぶ。シェフのレシピを受け継ぎ、『orso』で腕をふるう。

24d36850085d743acc46aeaf14962f

Interview

料理人になったきっかけは?
料理は好きだったので独学で覚えていきました。
齋藤シェフと出会ってイタリアの風土や食材、人柄を知り、イタリア料理に目覚めてしまいましたね。

リアルイタリアの代弁者とも言えるシェフと一緒に仕事させてもらったことが料理人として生きていこうと思ったきっかけです。
目指す料理は?
イタリアワイナリーの生産者の話を聞いて感銘を受けました。
その時にイタリア料理はワインとセットなのだと改めて考えさせられました。

これからも料理とワインのつながりを常に考えていきたいですね。

Restaurant Data

店名オルソ
エリア麻布十番・南麻布
料理ジャンルイタリア料理 イタリアン
目的ランチ ディナー デート 女子会 合コン ワイン 結婚式・二次会 子供連れ
オープン日2014.12.20
営業時間 ランチ・カフェ: 11:00~17:00
ディナー: 18:00~25:00(Ⅼ.O24:00)
定休日 月曜
予算
ランチ:¥1,500~
ディナー:¥6,000~
カードのご利用 使用可 (VISA, MasterCard, JCB, Amex, Diners)
サービス料なし
チャージなし
店内の雰囲気にぎやか
お子様の同伴
facebookhttps://www.facebook.com/pages/orso/846888038695235
席・設備
席数 20席
座席

カウンター席あり

貸切 あり
喫煙・禁煙 分煙

※ランチタイムの11時~14時迄は全面禁煙。14時以降は分煙。(キッチン前カウンターは終日禁煙)

サービス
お車の手配手配可能
外国語メニュー 外国語メニューあり
備考

※7名以上のご予約や当日の空席状況に関しては、お電話にてお問い合わせください。

住所港区麻布十番 1-4-8 麻布永坂ビル 1F
電話番号
03-6435-5746
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-6435-5746
アクセス東京都営大江戸線麻布十番駅から128m
X'masスペシャルディナー
プラン説明12月22日〜12月25日限定!X'masスペシャルディナー

[Antipasti]

☆Tartare di gamberi e capasante con caviale
帆立と甘海老のタルタル キャビア添え

☆Terrina di fegato d'Oca con salsa di fichi e vino rosso
フォアグラのテリーヌ イチジクと赤ワインのソース

[Primi Piatti]

☆Torofie al sugo di pomodoro con pesce
魚介のトマトソース トロフィエ

☆Mezze maniche al ragu di cervo
鹿肉のラグー メッツェマニケ
別途ご料金でトリュフをおかけいたします。


[Secondo Piatto]

☆①Arrosto di anatra    仏産 鴨肉のロースト
☆②Arrosto di maiare kintoa  バスク産キントア豚のロースト
☆③Arrosto di manzo      国産和牛(A5)のロースト

上記①〜③よりお選び下さい。
※1組様で1つの選択でお願いいたします。


[Dolce]
☆Cannolo di pistacchio e mousse di ciocolato con salsa frutti di bosco
ピスタチオのカンノーロとチョコレートムース 森のフルーツソース

☆Caffe
カフェ  (コーヒーまたは紅茶)


※X'mas ディナー専用スペシャルワインコースもご用意しております。
料金(お一人様)¥7,000(税別)
ご利用可能人数

22

ご提供期間

2016.12.222016.12.25

備考
ランチボローニャ風ミートソース+サラダ+スープ¥1,200(税別)
ワインの取り扱い あり

カクテルの取り扱い あり

ウィスキーの取り扱い あり

ビールの取り扱い あり

ドリンクの持ち込み
シャンパン Mirabella Furanciacorta Brut ¥6,200
ロゼワイン ZIMZRA ¥6,000
白ワイン Santaloja ¥4,350
Alticelli Fiano ¥5,000
赤ワイン Teresa Manara Negroamaro ¥7,000
O'SCANO ¥4,950
MEMO ¥6,000

SEAT VIEW

空席検索