営業情報を見る

modern seafood cuisine in Daikanyama Tokyo


abysse 『深海、奥深きもの』。

日本が世界に誇る多彩で豊かな魚介類を中心に、旬とその素材の良さを最大限に引き出した料理をご用意しております。

心地良い空間や音楽、新しい味に出逢った瞬間、大切な人とのかけがえのない時間など、レストランは大きな感動に溢れている場所です。

皆様にとってabysseがそのような場所でありたいと願っております。

abysse chef
目黒 浩太郎

卓越したテクニックと感性を持つ若きシェフが、「碧い森」をテーマに、さらなる深淵を表現する

魚介フレンチの新鋭・目黒シェフは『abysse』という店名に“奥深きもの”という意味を込めている。

外苑前の3年間を経て、2019年に代官山に移転し、「碧い森」という新たなテーマを打ち出した。森の中へ深く深く入っていくように、自らの料理哲学を新店で思う存分に探求しているのだ。

マルセイユで修行したのは魚介だけで三ツ星をとったレストラン。しかし魚の扱いは日本の方が上だと思った。それならば誰も成し遂げていない、技術も味も最高の魚介フレンチを作ろうと決意した。

代官山店ではさらに深く、魚介、野菜、ハーブを駆使して『旬』を多層的に表現している。メニューはひと月半ごとに旬で変化するのでいつ来ても新鮮な喜びがある。食通を惹きつけて離さない魅力に溢れている。

PHOTO GALLERY

温前菜「鮎 グースベリー 蓼」
鮎をグリエにした上に、グースベリーを発酵させ、蓼(たで)のパウダーをまぶしたものを添えている。
日本の鮎の塩焼きを再構成したといえる実験的なメニューだ。
冷前菜「剣先イカ レモンバーム シャインマスカット」
爽やかな夏を表現した、人気の逸品。隠し包丁を入れ繊細な食感を出したイカをレモンバームと和え、薄くスライスしたシャインマスカット、プルピエを乗せる。口にすると風が通り抜けるような清涼感を感じさせてくれる。
冷前菜「細魚 昆布 アイスプラント」
昆布〆にした細魚(さより)を昆布ソースとともに頂く、深い旨味を感じる一皿。アイスプラントやきくらげなど、食感の楽しさが料理にリズムを与えている。
アミューズ「雲丹 ひよこ豆 卵黄」
最初に供されるメニュー。ひよこ豆チップスの上に、バフン雲丹と卵黄の塩漬けのパウダーを振りかける。深い旨味に、この後続くコースへの期待が高まる。
メイン「金目鯛 アサツキ 新玉ねぎ」
金目鯛の皮目をパリッと焼きあげ、新玉ねぎを皮ごとローストして抽出されたエキスをコンソメと合わせたソースを添えていただく逸品。金目鯛の濃い旨味と、ソースの深さが良いバランスで調和する。
デザート「あくまトマト カモミール 苺」
フルーツトマトの甘さを主役にしたデザート。イチゴはアイスパウダーにして、カモミールのハーブティーで作ったソースをかける。ピンクペッパーもアクセントを添えている。

シェフ Profile

目黒 浩太郎Kotaro Meguro

服部栄養専門学校を卒業後、都内数店舗のレストランで修行。2011年渡仏。マルセイユの三ツ星レストラン『Le Petit Nice』で研鑽を積む。帰国後『カンテサンス』で岸田周三氏に師事。2015年3月に独立し、外苑前に『abysse』をオープン。2019年に代官山に移転し、さらなる進化を遂げている。

9820b109784b4867738c45889352aa

Interview

Q:料理人になったきっかけは?
A:祖父が日本料理人で大好きだったんですよね。だから子供の頃から料理人はかっこいいというイメージでした。母も栄養士だったので自然に料理の道を目指したこともあり、自然と料理の道へ。修行時代には料理の面白さをあまり感じず、洋服買ったり遊びに使ったり。料理本なんて全く持っていなかったですね(笑)。でも一から十までひとつの料理を作ったことがきっかけで、食べ歩きと本を買うことしかしなくなりました。
Q:苦労したことは?
A:あまり苦労を感じないので、あえて挙げるとしたらですが。フランスでの初めての修業先がいきなり三ツ星レストランだったので、とにかく非常に忙しかった。朝8時から夜1時までわからないフランス語で怒られながらずっと厨房にいました。2週間で帰ろうと思ったけど、帰る勇気もなく帰れなかった。それが一番つらかったことかな。
Q:代官山の新店舗のこだわりは?
入った瞬間に「碧い森」というテーマを感じてもらえるよう、木目調とブルーを組み合わせた内観や暗めに落とした照明で世界観を作っています。オープンキッチンになったので、調理場の活気を感じられると思います。テーブルを円卓にすることで、お互いの会話に集中できる空間づくりをしています。リラックスしながらも、親密な時間を過ごしていただけるよう考えています。
Q:目指す料理は?
A:見たときに“目黒浩太郎の料理だ”とわかってもらえる料理を目指したいですね。代官山の店では、「旬」を魚介だけではなく、野菜やハーブの香りなど、多層的に感じてもらえるような料理を考えています。
皿の中の色彩も意識して、料理を自分らしく表現していこうと思っています。メニューは旬ごとに変わります。その季節ごとに、「碧い森」の移りゆく表情を感じてほしいです。

Restaurant Data

店名アビス
abysse
エリア中目黒・代官山・恵比寿
料理ジャンルフランス料理 フレンチ
目的ランチ ディナー デート 女子会 個室 ワイン 結婚式・二次会 結婚記念日 クリスマス 子供連れ
オープン日2019.03.12
営業時間 ランチ:12:00~(L.O.13:00)※日、祝のみ
ディナー:18:00~(L.O.20:30)
閉店時間はお問い合わせください。
定休日 水曜日
予算
ランチ:¥15,000~
ディナー:¥22,000~
カードのご利用 使用可 (VISA, MasterCard, JCB, Amex, Diners)
サービス料10%
チャージなし
店内の雰囲気静か
ドレスコード

※極度にカジュアルな格好はご遠慮ください(例:サンダル)

お子様の同伴

※中学生以上

ホームページhttp://www.abysse.jp
席・設備
席数 24席
座席

ウェイティングスペースあり

個室 個室あり

※6名様まで

貸切 あり
喫煙・禁煙 全席禁煙
バリアフリー 車椅子設備なし

※お問い合わせください

駐車場 なし

※近隣にコインパーキングあり

サービス
ソムリエ/バーテンダー ソムリエがいる
接待・会食でのご利用接待・会食でのご利用歓迎
お料理の特徴

その他

※魚介フレンチ

お車の手配手配可能
ベジタリアン対応
外国語メニュー 外国語メニューあり
外国語対応スタッフ 外国語対応スタッフ在籍
その他宗教食対応

※事前予約で対応可能

住所渋谷区恵比寿西 1-30-12 ebisu hills 1F
電話番号
03-6804-3846
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-6804-3847
X'mas Dinner Course
プラン説明おまかせ13品

ドリンクは通常の営業通り、グラスワインやペアリング(9杯)、ボトルワインなど
料金(お一人様)¥22,000(税別)
ご利用可能人数

26

ご提供期間

2019.12.242019.12.25

備考

※※サービス料10%、消費税 別途
※キャンセル料 前日50% 当日100% 22,000円+税込でのご請求となります。
※以前アビスへ来店履歴のある方はお伝え願います。メニューの構成を変える場合がございます。

ランチおまかせ¥12,000(税別)
おまかせ (ランチタイムでディナーコース)¥15,500(税別)
ディナーおまかせ¥15,500(税別)
ワインの取り扱い あり

300 種類

日本酒の取り扱い あり

カクテルの取り扱い あり

ビールの取り扱い あり

ドリンクの持ち込み

※ご相談下さい。

ワイン (ランチ)ペアリング 7グラス ¥8,500
(ランチ)ハーフペアリング 7グラス ¥6,000
シャンパン グラスシャンパン ¥2,000
白ワイン グラス白ワイン ¥1,400

空席検索