営業情報を見る

イタリア愛に満ちた
食への情熱で繰り広げられるのは

シェフが魅せられた
イタリアワインと料理の饗宴

新宿の繁華街の喧騒からは遠く離れた閑静な場所にあり、オープン当初からイタリア通な人々が足しげく通うことでも知られるイタリアンレストラン。

小さなテラスと優美な弧を描くガラスに囲まれたフロアは、海外にあるレストランのように瀟洒な雰囲気が漂っている。

イタリア好きの食通を魅了してやまないこの店の魅力は、シェフである齋藤克英氏のイタリア食文化への愛と深い理解にある。
イタリア修業時代、齋藤氏は現地で見聞を広めると共に、ワイナリーや生産者にもネットワークを広げ、帰国後にワインや食材を輸入する会社を立ち上げた。

他にはないイタリアワインや食材を揃えたバックボーンを持つことで生み出された、骨太で熱い郷土の味が訪れる人の心を打つのだ。

料理はコースのみで内容は季節ごとに変わるが、ここ数年は南部プーリア州にあるレッチェの郷土料理が中核をなしている。齋藤氏は、初めてレッチェを訪れた時からすっかり土地柄と料理に魅せられ、今では年に何度も訪れているという。

南らしい奔放さと澄んだ滋味をたたえたレッチェの郷土の味は、ヴィンチェロのキッチンを経てより生き生きと表現されている。

ワインとのマリアージュを想定して料理をするという齋藤氏。
その真髄を味わうために、自社輸入を含めて約800種類あるというワインから、それぞれの料理に最適なグラスワインを選んで供される。

今まで味わったことのないレッチェの食とワインのマリアージュが、イタリアの南の海へといざなってくれる。

PHOTO GALLERY

「鮮魚のトルティーノ」。鮮魚と野菜のマリネの上にボッタルガをのせたプチケーキのような可憐な前菜は、しっかりした味わいのシャルドネと。
奥のテーブル席は白いクロスとブルーのシートのコントラストが美しい落ち着いた空間。
「鮟鱇のズッパ」。冬の定番メニューは鮟鱇を丸ごと3日煮こんで骨ごと旨みを抽出する。ネパールの個性的なコショウでアクセントを加えている。
「オレキエッテ コッツェ ファジョーリ」。手打ちのオレキエッテと白インゲン豆にムール貝からでた出汁がじんわりと浸みている。ロゼや爽やかな白ワインを合わせたい
「キントア豚のロースト」。フランス・バスクのキントア豚の肩ロースをじっくりと焼き上げている。プリミティーボとネグロアマーロという革新的なセパージュの赤ワインと絶妙に合う
道路から少し下に位置するフロアは、ガラス窓に囲まれたテラスのように開放的な雰囲気。

Chef Profile

オーナーシェフ/齋藤 克英Katsuhide Saito

1967年5月30日、東京都出身 AB型。
大学卒業後にエスビー食品に入社して5年間務める。その後、イタリアで約3年半の料理修業を経て、帰国後はイタリア食材を輸入する仕事を開始する。
2002年にヴィンチェロをオープンさせてオーナーシェフに。ここ数年は、イタリアでレストランをオープンするほか、レストランのプロデュースなども手掛けている。

Ce56c27cf43245bfc95678d3973d64

Interview

料理人になったきっかけは?
父も母も料理関係の仕事で、とくに母は料理を教えていましたから、子供の時から料理を作ることが好きでした。
そういう環境ですから、将来そちらに進もうという気持ちが漠然とありました。

当時はまだ手に入りにくい食材も多かったので、まずは流通を学んで、自分で仕入れられる環境を作るところからやりたいという気持ちがありましたね。
今はそれが実を結んで、欲しいワインも食材も自分で仕入れることができるようになりました。
好きな店は?
料理は自分のためには作らないと決めているので、普段は外食です。和食へ行くことが多いですね。

イタリア料理とは全く違う世界の方が発見や刺激があるからでしょうか。そのせいか自然と和食の料理人と横の繋がりができました。料理のことを話したり、お互いに食材を教え合ったりして、仕事でもいい関係が広がっています。
これからの仕事は?
実は今、韓国でイタリア料理店をオープンする準備を進めています。イタリアのレッチェにも店が1軒ありますので、全部で3店舗になりました。

イタリア食材の輸入を手掛けていることもあって、お店の立ち上げやプロデュースをまかされたり、韓国にイタリア料理を教えに行ったりと、いつのまにか国外でも仕事をするようになっています。これからも、もっと幅広くイタリア郷土料理の素晴らしさを伝える仕事をしていきたいですね。

Restaurant Data

店名オステリア ヴィンチェロ
エリア新宿・代々木
料理ジャンルイタリア料理 イタリアン
目的ランチ デート ディナー 女子会 ワイン 接待・会食 結婚式・二次会 結婚記念日 クリスマス
オープン日2002.02.11
営業時間 ランチ : 11:45~15:00(L.O.14:00)
ディナー: 18:00~(L.O.22:00)
 ※水~土は26:00閉店
定休日 不定休
予算
ランチ:¥1,200~
ディナー:¥12,000~
サービス料なし
チャージなし
お子様の同伴

※お子様の同伴をご希望の場合は、事前にご連絡ください。

席・設備
席数 20席

※全席禁煙

貸切 あり

※着席:24名 立席:30名 (25万円~貸切可能)
貸切をご希望の場合は、事前にお電話でご相談ください。

喫煙・禁煙 全席禁煙

※エントランスに喫煙スペースがございます。

バリアフリー 車椅子設備あり

※事前にご連絡ください。(入口が異なります)

サービス
接待・会食でのご利用接待・会食でのご利用歓迎
お料理の特徴

郷土料理

※イタリア・シチリアの郷土料理が中心

お車の手配手配可能
お子様メニュー

※事前にご連絡いただければ、アラカルトでの対応が可能です。

ベジタリアン対応

※事前にお電話でご相談ください。

外国語対応スタッフ 外国語対応スタッフ在籍

※伊語

お土産の取り扱い あり

※オリーブオイルなどのご購入が可能です。

備考

※キャンセルの際はお電話にてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

◆お会計はテーブルでのご精算となります。
◆ご予約はコースのみで承っております。

住所新宿区新宿 5-1-13 MOAビル1F
電話番号
03-5367-1967
※お問い合わせの際は「"東京カレンダーWEB"を見た」と
お伝えいただければ幸いです。
FAX番号03-5367-1968
アクセス東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅2番出口から徒歩6分
ランチPranzo A¥2,500
Pranzo B¥3,500
ディナーCena Abbinamento A(ドリンク込) ¥12,000
Cena Abbinamento B(ドリンク込) ¥15,000
Cena Abbinamento C(ドリンク込) ¥18,000
ワインの取り扱い あり

600 種類

SEAT VIEW

空席検索