ルトロン:旅とグルメ Vol.22

これは食べたい! 京都発祥の絶品「鴨すき」でスタミナ付けよう!

ルトロン

京都福知山発祥・創業40年の鳥料理専門店『鳥名子(とりなご)』は、さまざまな鳥料理を味わえるとグルメな人達の間で話題の鳥料理専門店。

なかでもお客様の一声から生まれた名物「鴨すき」は、鴨の旨みをシンプルに楽しめるこだわりの逸品料理です。

京都の鳥料理専門店『鳥名子』

創業40年を誇る京都福知山の名店『鳥名子』は、京都産の新鮮な鴨と国産銘柄鶏を使った鳥料理専門店。都内には、恵比寿と三軒茶屋の2店舗があり、絶品の鳥料理を東京でも楽しむことができます。

とくに三軒茶屋店では落ち着いた空間の中、鳥料理と一緒に各国の自然派ワインなど選りすぐりのお酒を心ゆくまで堪能できます。

鴨をシンプルに楽しめる絶品「鴨すき」

もともとは精肉店と焼鳥屋として始まった『鳥名子』。

創業当初は他の鍋も扱っていましたが、「鴨とネギだけが一番うまい!」という常連さんの一声から誕生したのが看板メニューの「鴨すき」。

その美味しさが地元で評判となり、現在のお鍋のメニューは「鴨すき」のみ。ダシが入った鍋、たっぷりと盛り付けられたネギ、美しく盛られた鴨肉に誰もが心おどります。

鴨とねぎを旨みのきいた出汁にくぐらせて

はじめに特製の鴨団子を出汁に入れ、鴨団子の旨味が広がったところで鴨とねぎをくぐらせていただきます。

鴨は15秒、ねぎは5秒が食べ頃。鴨の旨みをシンプルに楽しんだら、お好みでゆずこしょう、七味、山椒などの薬味で味わいの変化も楽しめます。〆はラーメン、そば、うどん、雑炊の中から選んで、旨みあふれる出汁を最後まで味わい尽くしてください。

鴨すきをはじめ、絶品の鳥料理が味わえる『鳥名子』は、グルメな人達の間で話題の“大人の隠れ家”。こだわりの鴨すきに舌鼓を打ちながらその他の鳥料理も存分に堪能できます。

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

【ルトロン:旅とグルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo